藤原竜也が窓を突き破って乱入!竹内涼真とブルガリアで大暴れ 映画『太陽は動かない』本編冒頭7分を解禁

SPICE


2021年3月5日(金)公開の映画『太陽は動かない』から、本編冒頭映像7分が解禁された。

『太陽は動かない』は、『悪人』などの吉⽥修⼀氏によるシリーズ原作を、ドラマと映画の連動で映像化するプロジェクト。産業スパイ組織“AN通信”のエージェント・鷹野⼀彦と新人・⽥岡亮⼀が様々な陰謀に挑む姿を描く。主演に藤原竜也、共演に竹内涼真を迎え、ドラマ全話および映画の監督を『海猿』『MOZU』シリーズで知られる⽻住英⼀郎氏が担当。King Gnuの新曲「泡」が、ドラマ・映画の共通主題歌に起用されている。


解禁された映像では、藤原演じる鷹野と、竹内演じる相棒の田岡が、東欧ブルガリアの古いアパートに監禁されている同僚エージェント・山下(市原隼人)の救出へ向かうシーンからスタート。AN通信のエージェントたちは24時間ごとに本部への定期連絡で解除申請しなければ、心臓に埋め込まれたチップの起動装置が発動し、5分で爆死するという枷をはめられている。山下の起爆装置が発動し、爆死まで残り5分のタイムリミットが迫る中、鷹野はアパートの部屋の窓をぶち破って乱入。次々と敵を倒していく。
(C)吉田修一/幻冬舎(C)2020「太陽は動かない」製作委員会
(C)吉田修一/幻冬舎(C)2020「太陽は動かない」製作委員会

本作は、『エクスペンダブルズ』シリーズなど多数のハリウッド大作アクションのロケも行われたブルガリアにて約1ヶ月をかけて撮影。ロケットランチャーを撃ちこまれて車が横転し、爆発するダイナミックなシーンは、大統領官邸前という都市中心部の道路を数百メートル封鎖して撮影されたという。また、藤原や山下役の市原もバイクに引きずられるハードなアクションに挑戦している。

『太陽は動かない』は2021年3月5日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ