ムズキュンだけじゃない! 『逃げ恥』が示してくれた「みんな違ってみんないい」生き方

Oh!My!ドラマ

 

海野つなみさんによる原作をドラマ化し、2016年に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』。

 

放送当時大ヒットした作品ですが、その後も人気は収まらず、今年の再放送も話題となりましたよね。

この『逃げ恥』を象徴するワードが“ムズキュン”。なかなか進展しない主人公・みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)との関係性がもどかしいけれど、その言動に胸キュンすることを意味する言葉です。

確かにこの要素も『逃げ恥』を語るには必須のポイント。しかし、少し視点を変えてみると、みくりや平匡を含め、彼女たちを取り囲む登場人物たちが多様な生き方を選択し、それを肯定している表現が多く散りばめられているのも、このドラマの魅力だと感じるのです。

そこで今回は、そんな『逃げ恥』が描く「多様な生き方」を振り返っていきたいと思います。

 

 

「結婚といっても就職という形の結婚というか」

 

ドラマの大前提として、みくりと平匡は“契約結婚”であるという設定があります。

もともと、みくりは大学院まで出たものの、就活に失敗。派遣の仕事に就きますが、契約満了で無職に。しかたなく職探しする羽目になったみくりが父から紹介されたのが、システムエンジニアとして働く平匡のもとでの家事代行でした。

そんな矢先、両親が館山の古民家に引っ越すことを決め、みくりも一緒についていくことにしますが、やっと「これかも!」と思った職(家事代行)をやめざるを得ない状況にしっくりこないみくり。

平匡もできれば続けてほしかったという話を聞き、このまま彼のもとで家事代行を続けたいと思ったみくりがつい口にしたのが、

「いっそ住み込みで働きたいぐらいです。雇いませんか? ならいっそ、結婚しては? 結婚といっても就職という形の結婚というか」

という契約結婚の話。

みくりにとっては家事をしてお給料が発生する+住む家がある。そして平匡にとっても家事をしなくていいというメリットがあると、みくりが編み出した突拍子もないけれど、合理的なアイデア。

その案に最初は驚く平匡も、費用対効果などを考えた末、メリットがあると契約結婚を決意!

お給料が発生する「仕事」としての「専業主婦」、そして「結婚」(事実婚)というのは一般的には理解し難いため、それを隠しているみくりと平匡。そのせいで、二人にとってトラブルが発生したり、思いがけず恋が育まれたりしていくわけですが……。

そういったドラマ的な展開は抜きにしても、個人のメリット・デメリットを考えて、「就職」という形での「結婚」も多様性ある生き方のひとつの選択肢としては、アリなのかもしれないと思いました。

 

 

「やっさん、よくやったよ」

 

みくりの親友・やっさんこと安恵(真野恵里菜)が離婚します。

夫の浮気に悩み、そして結婚生活の理不尽さも含めて、そのイラ立ちをみくりにぶつけていていましたが、ついに離婚を決意。

それをみくりに報告するのですが、子どももいるし、たかが浮気くらい水に流せとまわりに反対されたし、浮気された自分が悪かったのか、子供のために自分が我慢すればよかったのか……。
離婚した自分の決断がやっぱり間違っていたのではないかと、泣き出してしまいます。しかし、みくりは

「やっさん、よくやったよ」

と。

みくり自身、子どもがいての選択だから難しいものだったと理解してはいるものの、相手の顔を見るのさえも耐えられないなら、子どもの精神衛生上にもよくないしと彼女の決断を後押し。

本当につらいとき、自分の気持ちに素直に従った道を選んでもいいと教えてくれるシーンだと思います。

 

 

「沼田さんは単に沼田さんなんですよ」

 

平匡の同僚の沼田(古田新太)は“ゲイ”という噂。本人は表立ってカミングアウトするわけではないけれど、気にせずそういう振る舞いをします。

そのため、平匡は沼田のことを変に勘が鋭いと思い込んでいたり、自宅に沼田と風見(大谷亮平)が泊まったときに、「二人きりはまずい」と何を勘違いしたのか二人の間を割って寝たり……。

ある日、平匡と風見が相思相愛だと沼田が思い込んでいた話題になり、平匡が、沼田は男目線と女目線の両方を持っているからもっと鋭いと思っていたと発言したところ、風見から

「沼田さんは単に沼田さんなんですよ」

と指摘されてしまいます。

そこで、無自覚に偏見を持ってしまっていた自分を反省した平匡。

マイノリティとして生きているから「あの人は○○だ」と思うのではなく、マイノリティであろうがなかろうが、あの人はあの人、その人が持つ個性なんだと考えること。

これって、誰と接するにしても大切な心がけですよね。

 

 

「産休や育休を経てキャリアを外された私たちにとってみんなの希望の星なんだから」

 

みくりの叔母・土屋百合(石田ゆり子)は、アラフィフ独身で、化粧品会社の広報部部長代理として働くキャリアウーマン。

あるとき、部下・梅原(成田凌)への発言が変な風に解釈され、会社でセクハラ疑惑が浮上。
百合の同期であるコンプライアンス部の社員に呼び出され、それは誤解だと主張したところ、

「奥手で潔癖で真面目なつっちーがそんなことするわけないよね。つっちーはさ、産休や育休を経てキャリアを外された私たちにとってみんなの希望の星なんだから」

と、擁護。

産休、育休を経た女性がキャリアを外されてしまうことが社会問題になっていることもありますが、それは今回は一旦置いておいて。
長い間独身でいることって引け目を感じることもあるし、まわりからも妙な目で見られてしまうこともありますよね。でも『逃げ恥』では、「希望の星」と表現するほど肯定されています。

そして、百合自身も別のシーンで「年を取るとさあ、虚しいこともいっぱいあるけど、楽しいこともいっぱい覚えるんだ」と自己肯定。

いつまでも結婚しないからってそこを卑下することなく、前を向いて生きているところに励まされる人も少なくない気がします!

 

 

「それは好きの搾取です」

 

お互いの想いが通じ合い、ついに平匡からプロポーズされたみくり。

プロポーズされたことはうれしいけど、契約結婚でもいいはずがなぜ突然籍を入れる結論に至ったのか聞いてみると、今後の資金面を計算し直したら、籍を入れたほうが有意義だと言い出す平匡。

そこでみくりが感じたのは、平匡にとっては、結婚すればそれまで支払っていた主婦業の給料がなくなり、みくりをタダで使えるようになるということ。その結果、好きならば、愛があればなんだってできるだろうという流れになってしまっていること。
それにモヤモヤしたみくりは、つい

「それは好きの搾取です」

と言ってしまいます。

結婚すれば、無条件に幸せになれると思ってしまう人も少なくないのでは?
でも、大抵は結婚すると生活をともにし、夫婦2人、もしくは子どもとの家庭をつくっていくこと。となれば、愛情だけで乗り切れる場面はそれほど多くないかもしれません。

その後のシーンでは、自分だけ負担が大きくなるような気がしていたみくりに、平匡が、夫も妻も家庭を支える「共同経営責任者」と考えればいいのではと提案します。

もちろん、「パートナーを立てて……」という形も「パートナーに支えられ……」という形もアリだと思います。ただ、「好きの搾取」を避けるためのパートナーとの生き方を模索している人には参考になるような気がしました。

 

 

どんな立場でも生きやすくなるヒントがある!

 

『逃げ恥』をよく観てみると、結婚を考えていても、いなくても、一般的ではないと言われる考え方をしていたり、マイノリティな生活をしていても、それを肯定してくれるようなメッセージがあふれています。

もし、また観る機会があったら、ムズキュン視点ではない『逃げ恥』を楽しんでみては?

WRITER

  • Togawa Hikari
  •        

  • 女性サイトの編集を経てフリーライターに。女性向けのライフスタイル系記事や、ドラマ好きが高じてレビュー記事を手がけることも多いです。伏線ありの、うまくつくられた物語が大好物。過去のドラマの掘り起こしも大好き。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ