ミスター慶應「性的暴行」で6度目の逮捕、前回不起訴処分の2カ月後に犯行か

wezzy


 埼玉県さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで女性に性的暴行を加えたとして、無職の渡辺陽太容疑者(24歳)と職業不詳の光山和希容疑者(24歳)が逮捕された。

二人は2019年3月24日の深夜、JR大宮駅で20代の女性に声をかけ、カラオケ店で渡辺容疑者が強姦。その後、光山容疑者が女性の腕を引っ張るなどしてインターネットカフェに連れ込み、またしても性的暴行を加えたという。

朝方、被害にあった女性が大宮駅で泣いているところを別の男性が発見し声をかけたことで、事件が発覚。一部報道によれば、渡辺容疑者と光山容疑者は「弁護士が来るまで何も話せません」と沈黙し、認否を留保しているとのことだ。

渡辺陽太容疑者は、今回で6度目の逮捕となる。2018年にも渡辺容疑者は準強制性交容疑で逮捕され、「ミスター慶應が逮捕」と大きく報じられていた。渡辺容疑者は当時、慶應義塾大学の2年生で「ミスター慶應コンテスト2016」のファイナリスト経歴があったためだ。

2018年9月、渡辺容疑者は友人と飲酒し帰宅途中であった女性大学生を雑居ビルに連れ込み性的暴行を加えたうえ、路上で腹部を蹴りつけた。現場を目撃した通行人が通報し、準強制性交容疑で逮捕されている。この逮捕を皮切りに、渡辺容疑者の余罪は次々と明らかになった。準強制性交、準強制わいせつ、昏睡強盗、窃盗の容疑で合計5回、神奈川県警に逮捕されている。

そのうちの一つの事件は、カラオケ店で女性に酒を飲ませて昏睡状態にし、わいせつ行為をしたうえ財布を盗んだもので、渡辺容疑者と光山容疑者、そして当時19歳だった慶應大一年生の男が逮捕されている。

渡辺容疑者の祖父は「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じ、孫は高校時代から女性問題を起こしていたと話し、<最低五年間は刑務所で“治療”してほしい。(被害女性と)示談交渉して刑を軽くするなんていうことはあってはならない。あれは病気なんだ>と怒りをあらわにしていた。しかし結局、横浜地検は2019年1月、渡辺容疑者を不起訴処分にした。

そのわずか2カ月後、3月に起こした性的暴行の容疑で6度目の逮捕。一体なぜ不起訴となったのか、十分な反省の機会は与えられたのか、昨年3月から現在までの間に余罪はないのか。疑問点はあまりに多い。これ以上被害者を増やさないためにも、徹底的な究明を望む。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ