ジワジワきてる! 映画『羅小黒戦記』に夢中になる3つのポイント「宮野真守&櫻井孝宏の“おいで”がたまらない…」

numan


11月7日より日本語吹替版の公開がはじまり、SNSを中心にじわじわと話題を広げている『羅小黒戦記』(ロシャオヘイセンキ)。主人公・シャオヘイ役の花澤香菜さんをはじめ、宮野真守さん、櫻井孝宏さんなど豪華キャスト陣も見どころの本作をファンの感想とともにご紹介します♪
『羅小黒戦記』(ロシャオヘイセンキ)とは、中国の漫画家、アニメ監督のMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオが制作したアニメ作品。2011年にWEBアニメシリーズが動画サイトで公開されたことで人気が上昇し、2019年に劇場版が制作され、中国国内で大ヒット。2019年10月には小規模ながら日本国内でも字幕版が公開されました。

そして、満を持して2020年11月7日より日本語吹替版の公開が開始すると、瞬く間に話題に!
花澤香菜さん、宮野真守さん、櫻井孝宏さん、斉藤壮馬さん、松岡禎丞さん、杉田智和さん、大塚芳忠さんらが吹き替えを担当されている、日本語吹替版を見に行った人の感想は?

【本予告(90秒)】「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来」 日本語吹替版 11月7日(土)全国公開(花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏ほか出演)

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/jCGrrhRQFJs?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
via
https://www.youtube.com/watch?v=jCGrrhRQFJs&feature=emb_title

【1】引き込まれる映像美とストーリー

人間たちの自然破壊により、居場所を失った妖精たち。
森が開発され、居場所を失った黒猫の妖精シャオヘイ。そこに手を差し伸べたのは、同じ妖精のフーシーでした。
フーシーはシャオヘイを仲間に加え、住処である島に住むよう勧めます。しかし、その島に人間でありながら最強の執行人と呼ばれるムゲンが現れ、戦いの中シャオヘイはムゲンに捕まってしまい――。

という序盤を見た観客からは「とにかく映像がきれい」「森の描写がきれいで『もののけ姫』の“こだま”みたいな妖精がいた!」「黒猫シャオヘイの動きがめちゃめちゃかわいい!」などの反響が。

友人引っ張られて何の前情報もなく見に行った人からは「ぱっと見『トトロ』みたいに何十年か前の時代設定かと思いきや、スマホが出てきて現代劇だと分かった。前情報がなくても詰め込まれすぎていない世界観で、見ているうちにないろいろなことが分かってくる」という意見も。
男性からは「フーシー(妖精側)とムゲン(執行人)の関係が、『もののけ姫』や『X-MEN』のような対立構造で分かりやすかった」という感想も上がっていました。

【2】豪華声優の競演! 宮野真守vs櫻井孝宏の「おいで」バトルも

他にもよく見かける感想は、宮野真守さんと櫻井孝宏さんの優しい「おいで」が聞けるだけでも見る価値アリ! というもの。実はこの「おいで」、劇中で聞けるのは1回のみではありません!
フーシー(櫻井孝宏さん)とムゲン(宮野真守さん)は対立関係にあるので、それぞれがシャオヘイに「おいで」と語りかけるシーンがあります。何回「おいで」と語りかけてくれるかは、ぜひ劇場でご確認ください♪

【バトル編】「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来」大ヒット上映中CM

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/hWJtmowRZFI?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
via
https://www.youtube.com/watch?v=hWJtmowRZFI&feature=emb_title
櫻井孝宏さん演じるフーシー(風息)は植物を操る妖精。
フーシーファンからは、「“おいで”の響きがド優しくて自分だったら絶対ついてくと思う」「フーシーだって間違ってないよ」「切なくて最後毎回泣いてしまうし、木を植えて自然を増やさなきゃってなる……」「幸せになってほしい人オブ・ザ・イヤー」という感想が。

宮野真守さん演じるムゲン(無限)は、人間でありながら、妖精たちの集う館に所属する執行人。
ムゲンファンからは、「“来い”→“おいで”に言い方が変わる瞬間が本当に好き……翻訳の人ありがとう!」「淡々としてて一ノ瀬トキヤ(『うたの☆プリンスさまっ♪』で宮野さんが演じるキャラ)ばりにクールな声なに料理ヘタすぎて愛しい」「アクションシーンでの髪のなびき方が芸術作品」「人間だから妖精のシャオヘイとはいつか別れが……と思ったら400歳とかで安心した」という反響も。
🌳フーシー cv: #櫻井孝宏
______________________________

人間嫌いの妖精。居場所のなかったシャオヘイを仲間に加え、自分たちの隠れ家である島へと案内する。#ロシャオヘイセンキ #羅小黒戦記 https://t.co/3swui6GLWK pic.twitter.com/54LCrklPoO
— 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』11/7全国公開 (@heicat_movie_jp) September 4, 2020
💨ムゲン cv: #宮野真守
______________________________

人間でありながら妖精たちの集う会館に所属する執行人。
その実力は「最強の執行人」として恐れられるほど、不穏な動きをする妖精たちを法に基づいて捕らえる任務に就いている。#ロシャオヘイセンキ #羅小黒戦記 https://t.co/3swui6GLWK pic.twitter.com/WG0H9GcBJS
— 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』11/7全国公開 (@heicat_movie_jp) September 3, 2020⇒次ページ:斉藤壮馬さん、松岡禎丞さん、杉田智和さんらの演じるキャラも!さらに、妖精側では斉藤壮馬さんが氷を操ることができるシューファイ(虚淮)、松岡禎丞さんが優しく人懐っこいロジュ(洛竹)、杉田智和さんが「おにく」の台詞が印象的なテンフー(天虎)を演じます。

対する執行人側では、豊崎愛生さんが狐の妖精シュイ(若水)、水瀬いのりさんが実力派の執行人ナタ(哪吒)、チョーさんが元々は洞窟に住んでいた妖精のキュウ爺(鳩老)、大塚芳忠さんがパンジン(館長)という、人間と妖精の共存のために働くキャラクターを演じています。

【3】キャラはとにかく「ネコチャンカワイイ」

『羅小黒戦記』(ロシャオヘイセンキ)を見に行った人の感想で、必ず聞くのが「ネコチャンカワイイ」。
でも、予告編では猫耳の子が出ているだけのような……? と疑問に思っている人も多いはず。

この猫耳&黒髪の子供こそが、本作の主人公・シャオヘイ(小黒)CV:花澤香菜で、黒猫の妖精が人間に変化した姿なのです。
序盤に森を追われひとり旅をする子猫ですが、元々が妖精ということで、化け猫のような姿に変化することもできます。猫のときは「シュッシュッシュッっていう玉が飛んでいくようなすばやい動きが本当にネコチャン」「ジジ(『魔女の宅急便』に登場する黒猫)みたいなリアル寄りな猫じゃなくてデフォルメされた黒猫だから、目が大きくてワクワクしてるとか、ジト目でうさんくさく思ってるとか全部目に出ててめちゃめちゃ表情豊か!」「とにかくシャオヘイがかわいい」という反響が。

このシャオヘイが他の妖精のように人間に変化すると、6歳くらいの子供の姿に。
言葉も話すし、猫のときよりさらに表情豊かになります。とくにかわいいと話題なのが、おいしい食べ物を食べたときの「おめめキラーン!」です!

【シャオヘイ編】「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来」大ヒット上映中CM

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/aHp3DwWrBc0?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
via
https://www.youtube.com/watch?v=aHp3DwWrBc0&feature=emb_title

とにかく今、劇場に観に行くべき!

「王道ファンタジー作品!」という、子供から大人まで老若男女問わず楽しめる『羅小黒戦記』。
キャラクターはしっかりとした線でシンプルに書かれながらも、圧巻のアクションシーンや背景美術からも大切に作られた作品だということが分かります。

「めちゃめちゃ感動のシーンで笑わせてくるから泣き笑いになっちゃうし、こんなにきれいな絵なのに汗がたれたりギャグの表現が古典的なのほんとにツボ。中盤に出てくる日本昔話みたいな子供久しぶりに見た!(笑)」という海外作品ながら、懐かしさを感じる人も。
他にも「ご飯がおいしそうで、飲茶食べたくなった。よし、中華街に行こう!」と思い立つ人や、
「『鬼滅』の無限列車もよかったけど、ムゲン(無限)が列車の中でも上でも戦う『羅小黒戦記』ももう一度見たい!」
などなど、いろいろな感想が。

海外作品ということで、まだDVDやBlu-rayの発売情報が出ていないため、気になった人は劇場公開中に見に行くべき! 上映場所は以下の公式サイトでご確認ください♪

公式サイト:https://luoxiaohei-movie.com/
公式Twitter:@heicat_movie_jp

(C)Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
映画 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』 公式サイト

映画 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』 公式サイト

「羅小黒戦記(ろしゃおへいせんき)」日本語吹替版公式サイト 11月7日(土)より全国公開。上映館情報など。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ