櫻坂46、改名後テレビ初パフォーマンスに反響

クランクイン!

 櫻坂46が25日、『ベストアーティスト2020』に出演。欅坂46から改名後、初めてテレビでパフォーマンスを披露した。

10月12日、13日の「THE LAST LIVE」で欅坂46としての活動に終止符を打ち、14日から櫻坂46として新たなスタートを切った同グループ。

パフォーマンスの前には「欅ポーズ」から新しくなった手のポーズを見せ、センターを務める2期生の森田ひかるが「以前は欅ポーズっていうポーズがあったんですけど、櫻坂になって、花が開いたように変わりました」と説明し、新ポーズを見せた。

その後、12月9日発売の1stシングルから表題曲となる「Nobody’s fault」をテレビ初パフォーマンス。センターの森田を筆頭に、14名が力強さの中に女性らしさも兼ね備えたダンスパフォーマンスを見せ、視聴者を魅了した。

ファンからはネット上に「かっこよすぎて惚れた」「みんなキレキレ」「最高でした」「るんちゃんかっこ良すぎるな!」といった興奮のコメントが多数上がった。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ