ジェイムス・テイラー、ミュージカル映画「オズの魔法使い」からのスタンダード「虹の彼方に(Over The Rainbow)」を含む3曲入りデジタルEPをリリース

E-TALENTBANK


シンガー・ソングライター界の至宝、ジェイムス・テイラーが今年2月にリリースした5年ぶりのアルバム『アメリカン・スタンダード』の更なるコンパニオンとして3トラック入りEP『Over The Rainbow - The American Standard EP』をデジタル・リリースした。

このEPには、1939年のミュージカル映画「オズの魔法使い」からハロルド・アーレン/イップ・ハーバーグ作の名曲「虹の彼方に(Over The Rainbow)」、1956年のミュージカル「マイ・フェア・レディ」からのフレデリック・ロウ/アラン・ジェイ・ラーナー作の「アイヴ・グロウン・アカスタムド・トゥ・ハー・フェイス」、1954年のミュージカル「ピーター・パン」からジュールス・スタイン/ベティ・コムデン/アドルフ・グリーン作の「ネヴァー・ネヴァー・ランド」など、『アメリカン・スタンダード』のセッションからの3曲が収録されている。(「アイヴ・グロウン・アカスタムド・トゥ・ハー・フェイス」、「ネヴァー・ネヴァー・ランド」はこれまで日本盤CDのボーナス・トラックとしてリリース。デジタル・リリースは全3曲初)

この3曲が追加収録された『アメリカン・スタンダード』デラックス・ヴァージョンのCDもアマゾン限定にてリリースされる予定だ。

また、本EPに関してジェームス・テイラーから以下の声明が届いている。

この3曲が一般リリースされて嬉しいです。アルバム『アメリカン・スタンダード』に収まる曲よりも多くの曲をカットしたので、プロモーション部門は喜んでくれました。彼らは余分な曲の使い道を見つけてくれて、大抵は大型小売店のための “エクスクルーシヴ “なボーナス・トラックするのです。でも、この3曲を自分が思うような形での露出をしなかったことを後悔していました。

私のソロ・ギター・ヴァージョンの “Over the Rainbow “には、特筆すべき点が2つあります:第一に、イップ・ハーバーグのオリジナルのイントロのヴァースを残しています。そして2つ目は、私がこれまでに聴いたどの 「虹の彼方に」よりもアレンジのヴァリエーションが多いことです。

「アイヴ・グロウン・アカスタムド・トゥ・ハー・フェイス」は、私の両親のお気に入りのレコードの一つで、ラーナー&ロウの『マイ・フェア・レディ』のキャスト録音からです。「… ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう… 私は彼女の顔に慣れてしまった…」 ヘンリー・ヒギンズはしぶしぶライザ・ドゥーリトルを愛していることに気づきます。スチュアート・ダンカンは美しいバイオリンを弾いています。

家族のレコード・コレクションの中からもう一つのお気に入りは、もう一つのブロードウェイ・ミュージカルのキャスト・アルバムでした。メアリー・マーティン主演の『ピーター・パン』です。弟のリヴィングストンに先を越されてしまいましたが…これも夢のような牧歌の私のヴァージョン、「ネヴァー・ネヴァー・ランド」です。

お聴きいただきありがとうございます。

テイラーの輝かしいキャリアの19作目となるアルバム『アメリカン・スタンダード』は、世界中のチャートで大ヒットを記録し、熱烈なレビューで迎えられた。このアルバムは初週に82,000枚以上を売り上げ、ビルボードのトップ200アルバム・チャートで4位、トップ・アルバム・セールス、トップ・ロック、トップ・アメリカーナ/フォークの各チャートで1位を獲得した。『アメリカン・スタンダード』はテイラーにとって13枚目のトップ10入りを果たし、過去60年間でトップ10入りを果たした初のアーティストとなった。また、カナダではアルバム・チャートで1位、全英アルバム・チャートでは11位(アルバム・セールス・チャートでは1位)に輝いている。

また、英国インディペンデント紙は「アメリカのソングブックをエレガントに描いている」と称賛し、USAトゥデイ紙は「『アメリカン・スタンダード』はグレート・アメリカン・ソングブックを忠実かつ見事にカヴァーしている」と断言、エルモア誌は「『アメリカン・スタンダード』は壮大な美しさと精神的な寛容さを備えた天才的な作品だ。グラミー賞の候補であることは一目瞭然だ」と絶賛している。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ