『CDTV』の“アニソン特集”が炎上!「腑に落ちない」「あまりにもクソ」

まいじつ


(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock 

11月23日の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)では、「全部歌える! 歴代アニメソング」と題した企画を放送。しかし、放送されたものは、企画内容とは程遠いものだったようだ。

この日の『CDTVライブ!ライブ!』は、公式ツイッターでも《#CDTVライブライブ はこのあと30分後 全部歌える! #アニメソング特集》と告知されていた。〝アーティストのパフォーマンスを生放送で見ることができる〟というのが同番組の強みだが、番組で楽曲が披露されたアニメソングは『WANDS』の『世界が終るまでは…』と鈴木雅之の『DADDY!DADDY!DO!feat.鈴木愛理』の2曲のみ。他のアニメソングは過去に収録されたものや、ライブの映像などが流用されていた。



「DADDY!DADDY!DO!」が終わると、アニメとは関係のない『SEKAI NO OWARI』の紹介が入り、彼らはドラマの主題歌に起用されている『silent』をスタジオで生パフォーマンス。「SEKAI NO OWARI」のパフォーマンスが終わると、その後もmiletや『NMB48』といったアーティストのアニメソングとは関係ない楽曲に。以降、アニメソングに戻ることはなかったのだ。

批判殺到! ネットに溢れかえる番組への不満


アニメソング特集と謳いつつ関係のない楽曲が多かったせいか、ネット上では、

《〝ライブ!ライブ!〟とかいいながら、過去の映像で時間うめてる感じ。それもMステでやったようなアニソン》
《CDTVのアニソン特集があまりにもクソだった》
《CDTVのアニソン特集で懐かしさ煽っといて、ライブは「新ボーカルを迎えたあのグループです!」ってなんか違くない? 演者にも視聴者にも違和感っていうか、腑に落ちないモヤモヤ与えただけなんじゃ?》
《ここんところCDTV番組表でアニソンや鬼滅で釣っておいてロクなの流さないな》
《CDTVのアニソン特集、途中からアニソン関係なくなるの、よくもまあそんな中途半端なこと出来るなと思う》
《何がアニソン特集だよ、テレビ消したわ。深夜にやってた頃のCDTVがやっぱ一番だね》

などの批判が殺到。

「同番組は、以前もアニメソング関係で炎上しています。10月24日深夜放送の『CDTVサタデー』は音楽ランキングの〝週間TOP10〟を発表していたのですが、1位が『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌である『炎』ではなく、ジャニーズアイドル『Snow Man』の『KISSIN’MY LIPS』でした。番組独自のオリジナルランキングということでしたが、どこでどうリサーチしたのか気になるところ。真偽は不明ですが《ジャニーズへの忖度では?》という噂も流れています。こういった経緯から、アニメファンからはアニメソングを軽視していると思われているようです」(芸能ライター)

ちなみに番組でアニメソングが放送されていたのは全体の半分ほど。苦情が寄せられてしまうのも仕方のないことなのかもしれない…。

【画像】

Rachata Teyparsit / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ