嫌なことを忘れるには?効果的な方法6選で仕事や恋愛の悩みを軽くしよう

folk

嫌なことを忘れる効果的な方法をご紹介!


仕事や恋愛で悩みやストレスを抱えている人は、少しでも早く嫌なことを忘れる方法を見つけたいですよね。嫌なことを抱えたままだと、ストレスはどんどん蓄積させていくばかり。心理的にもいいことではありません。

今回は「嫌なことを忘れる方法」に重点を置いて、嫌なことを忘れることができない原因や解決策を紐解いていきます。現在辛い状況に立たされている女性は、ぜひチェックしてみてくださいね。

嫌なことを忘れることができない原因って?


嫌なことを忘れることができない原因って?

https://unsplash.com/

嫌なことを忘れることができない原因には、まず第一に、根底にある「ストレス」にきちんと向き合えていないことが原因である場合が多いです。

とくに仕事や恋愛などで失敗や後悔に繋がる行動をしてしまったとき、心が感じるストレスはかなり大きなもの。嫌なことから目を逸したいと思うのも無理はありません。ここでは、嫌なことを忘れる原因に向き合うことで、悩みを解決に導く方法を探っていきましょう。

原因①納得できていない


嫌なことを忘れることができない原因の多くに「納得できていない」という理由があります。例えば、嫌なことの原因が「人によってもたらされるもの」だった場合、表面的に問題が解決したとしても、心の根底では「まだ終わっていない」「解決していない」という”納得できていない状態”に陥ります。

恋人と喧嘩別れをした、または、上司に理不尽に叱られたなど「嫌なことの原因」に納得できていないとき、いつまでも嫌なことを忘れることができずに時間だけが過ぎてしまうのです。

原因②自分に厳しい


自分に厳しい人も、なかなか嫌なことを忘れることができないタイプだと言えるでしょう。例えば「なんであんな行動をしてしまったんだろう」「あのときのミスは自分のせい」だと思い込んでしまう人は、嫌なことを忘れることができないまま、いつまでもズルズルと引きずってしまう傾向にあります。

他人に厳しい人のほうが嫌なことをスッパリと忘れてしまえる傾向に対し、なんでも自分のせいにしてしまう「自分に厳しいタイプ」の人は、嫌なことを忘れることが苦手であると言えます。

原因③視覚から思い出す


嫌なことを忘れることができずに、事あるごとに思い出すのは「目に入る場所」に、嫌なことを経験したときに着ていた服や身につけていたアイテムが置かれていることが多いです。

例えば、仕事でミスをしたときに手に持っていた書類、または、彼氏と大喧嘩をしたときに着ていたワンピースなど、記憶を視界から呼び覚ますことで、嫌なことを忘れることができずに、そのアイテムを目にするたびに当時の失敗を思い出してしまうのです。

嫌なことを忘れる効果的な方法3選《仕事編》


嫌なことを忘れる効果的な方法3選《仕事編》

https://unsplash.com/

仕事をしているとどうしても「嫌なこと」は起きてしまうもの。いつどこで、嫌なことが身に降りかかるかわからないからこそ、仕事で嫌なことがに直面したときは、サッと気持ちを切り替えられるような「嫌なことを忘れる方法」を身につけたいもの。

ここでは、仕事面でストレスを感じるような「嫌なこと」に直面してしまったとき、嫌なことが悩みに変わってしまう前に解決する方法を3選ご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

方法①プライベートを充実させる


嫌なことを忘れる方法で日頃から意識しておきたいのは「プライベートを充実させる」ということです。仕事でミスをしてしまったり、理不尽な出来事に直面してしまったとき「心理的な余裕」が大きく関わってきます。

日頃からいっぱいいっぱいなときにトラブルに遭うと、トラブル以上のダメージを受けてしまいますよね。運動やゲームなどの趣味や、友人や恋人との関係を普段から大切にしておくなど、プライベートの充実度が、嫌なことを感じたときに早々に切り替えられるか引きずってしまうかに関わるのです。

方法②自分を受け入れる


自分に厳しい性格の人が嫌なことを忘れることが苦手であるように、自分を受け入れることができなければ、嫌なことを忘れることは難しいです。

まずはトラブルの原因をしっかりと直視し、そのとき自分が起こした行動や発言をきちんと受け入れてみましょう。嫌なことを忘れる方法で大切なのは、嫌なことから目をそむけるのではなく、しっかりと受け入れることが大前提です。

過去の自分を受け入れて一旦認めてあげることで、これからの自分を築いていけるのです。

方法③切り札を考える


嫌なことを忘れる方法で効果的なのは、切り札を考える、ということです。仕事での嫌なことを忘れようとどんなに頑張っても、何をしてもどうしても忘れることができないとき「自分には切り札がある」と思うことが「心の余裕」に繋がります。

例えば嫌なことを忘れるために、いっそのこと転職をしてしまう、または同僚に相談する、上司に異動を打診する、など、どうしても嫌なことを忘れる方法が見つからないときは、思い切って「環境を変えてみる」という解決策を切り札として持っておくといいでしょう。

「切り札」が逃げ道や安心感に繋がり心に余裕を作ることで、忘れられなかった嫌のことにも別の視点から向き合うことができるはずです。

嫌なことを忘れる効果的な方法3選《恋愛編》


嫌なことを忘れる効果的な方法3選《恋愛編》

https://unsplash.com/

彼氏と取り返しのつかない喧嘩をしてしまった、だとか、付き合って間もないのに派手に失敗してしまった、など恋愛ならではの「嫌なこと」はどうしても起こります。

思い出すだけで恥ずかしくなったりストレスに感じてしまうなら、一日でも早く「嫌なことを忘れる方法」を身に着けて、ストレスや悩みにきちんと対処することが大切です。

方法①きちんと話し合う


恋愛において「嫌なことを忘れる」ためには、「嫌なこと」の原因をきちんと取り除いてあげることが大切です。例えば、恋人と喧嘩をしてしまったことが原因で、仕事にも支障が出る経験をした人も少なくないはずです。

恋愛での嫌なことを忘れる方法で一番の近道は、問題の原因となっている相手としっかり話し合うこと。話をすることで、嫌なことの解決に向けて根本的に向き合うことができますよね。

目を逸らすのではなく、しっかり目を向けることが嫌なことを忘れる方法で効果的なのです。

方法②冷静になる


恋愛での「嫌なこと」ってなんでしょうか。恋人との喧嘩はもちろん、恥ずかしい経験をしてしまったり、相手を傷つけてしまったりなど、思わず目を背けたくなることは、予想だにしないタイミングで訪れるものです。

そんな場合には、嫌なことを忘れる方法のひとつ「冷静になる」という方法はいかがでしょうか。なぜ嫌な経験に繋がってしまったのか、なぜ自分(もしくは相手)はあのような言動に出たのか。

冷静になって問題の根底を探ると、シンプルな解決方法が見えてきますよ。

方法③箇条書きにしてみる


嫌なことを忘れる方法で、多くの人がやってしまいがちなのが「忘れるための努力」をすることです。いくら「忘れること」を頑張っても、忘れようと努力をしている限り忘れることはできません。

効果的に嫌なことを忘れるには、まず「嫌なこと」をいろんな視点から箇条書きにしてみましょう。なぜ「嫌なこと」が起きてしまったのか、そのときの自分の気持ち、相手の反応など物事を自分以外の視点で観察することで、嫌なことに合理的に向き合え、解決方法に導くことができるのです。

嫌なことを忘れるためにすると逆効果なこと


嫌なことを忘れるためにすると逆効果なこと

https://unsplash.com/

嫌なことを忘れるために多くの人がやっているのが「忘れよう」と努力をしていることです。忘れる方法を模索しつつ、忘れることに力を注いでしまうと、いつまで経っても忘れることができないままズルズルと時間だけが過ぎていってしまうのです。

ストレスや悩みにきっちり決別するためには、嫌なことを忘れる方法を効果的に活用することを意識しましょう。ここでは、嫌なことを忘れたい人は、陥ってしまいがちな「逆効果な方法」をご紹介します。

NGな方法①割り切ろうとする


嫌なことを忘れる方法を求めている人が陥りがちなNG方法のひとつに「割り切ろうとする」といった行動が挙げられます。「嫌なこと」が自分ではどうすることもできないタイプのものだった場合、多くの人は「諦めよう」や「自分には何もできないから忘れよう」という思考に走るのです。

自分の中では割り切ったつもりでも、心のどこかで納得していないので、ことあるごとにフッと思い出してしまう原因に繋がります。割り切ろうとして割り切れるものではないので、きちんと向き合うことに尽力しましょう。

NGな方法②「嫌なこと」を受け入れる


「嫌なことを忘れる!」と、割り切ろうとする人の対局にも思える「嫌なことを受け入れる」といった行動は、実はNG行動だったのです。嫌なことをそのまま受け入れてしまうということは「自分の心に蓋をする」「自分が我慢する」ということ。

嫌なことそのものを受け入れるのではなく、嫌なことに直面したときの自分の行動や発言など、「そのときの自分自身」を認める方法を取り入れましょう。

NGな方法③やけ食いをする


嫌なことを忘れる方法を探していると、どうしてもストレスをフルに感じてしまうもの。思わずやけ食いに走ってしまう人も少なくないでしょう。人はストレスを感じると、ストレスを緩和させるために食べ物を摂取しようと意識が働きがち。

あまりに過度なストレスは逆に食欲を減退させますが、ストレスの緩和を「食べ物」で紛らわせるのはNGですよ。とくに寝る前にやけ食いをすることで、翌日の「後悔」に繋がりやすく、さらなるストレスを生む原因になるので、嫌なことを忘れるためのやけ食いは避けましょう。

嫌なことを忘れる効果的な方法まとめ


嫌なことを忘れる方法で意識してほしいのが「目を背ける」のではなく「あえて直視して向き合う」ことです。嫌なことを忘れようとすればするほど、どんどん小さなストレスを溜め込んでしまうことに繋がるので、ストレスを「溜める」のではく「吐き出す」ことに重点をおきましょう。

嫌なことを忘れる効果的な方法を実践して、仕事や恋愛に今までよりも幸せな気持ちで向き合っていきましょう。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ