「病気の女児の最期の願いを叶えたい」隣人の協力で地域一帯に早めのクリスマスの光が灯る(米)

「娘は病気でクリスマスまでもたないかもしれない。だから我が家はクリスマスイルミネーションを1か月ほど早くスタートしようと思うの。ちょっと早いけど、あまり気にしないでね」―11月初旬に隣人とそんな話をしたという米アラバマ州の女性はそれから数日後、地域一帯にクリスマスライトが灯るのを見て胸を熱くした。優しさ溢れるニュースを『7NEWS.com.au』『KSLTV.com』などが伝えている。

米アラバマ州ベスタビア・ヒルズに住むモーガン・チークさん(Morgan Cheek)は今から7年半前、双子の女の子アリーちゃん(Ally)とベイリー・グレイスちゃん(Bailey Grace)を授かった。「誕生した時には2人に異常があるなど思いもしなかった」というチークさん夫妻は、生後数か月経って初めて子供たちの発達遅滞に気付いた。

検査の結果、子供たちは世界で診断された患者が50名しかいない「HECW2」という遺伝子の突然変異で、脳に障がいを持っていることが判明した。この疾患により2人は話すことや歩くことができず、 経鼻栄養補給を余儀なくされ、突然の痙攣発作にも悩まされた。

モーガンさんは「ここ1年は私たち家族にとって試練の年でした。昨年7月、ベイリー・グレイスが息を引き取り、私は我が子を埋葬しなければならなかったのです。そしてそれから間もなくアリーの容態が悪化し、ホスピスケアが始まったのです。そんな時でした。隣人と何気なく交わした会話をきっかけに、近所にクリスマスライトが灯り始めたのです」と語り、善意の輪の広がりについてこう明かした。

「11月初めのことでした。アリーが『もう一度クリスマスのイルミネーションを見たい』というのを聞いて、少しだけ早く自宅周辺をデコレーションしようと思い立ちました。そのことを隣人に話した1時間後です。隣人が戻ってきて『近所の数家族がクリスマスのイルミネーションを早めに始める』と言うのです。そしてすぐに、クリスマスの光は近所全体に広がりました。」

「それだけではありません。SNSなどでアリーのことを知った人たちが、全米の他の地域で同様にライトを灯し始めました。我が家にはイタリア、スペイン、ペルー、スイスからクリスマスリースも届いています。」

モーガンさんによると、隣人らはモーガンさんの自宅窓から見える広場にクリスマスツリーを飾り、暗くなるとツリーにライトを点灯。アリーちゃんが聴こえるように、集まった人々で音楽を奏でるという。

「ある晩のことです。ポーチに座っているアリーに向けて、バイオリンの『きよしこの夜』の演奏が始まりました。そして広場に集まった人々が歌を歌い、全員が携帯電話のライトを灯してくれたのです。それは本当に美しい光景でした。」

「アリーはクリスマスのイルミネーションと音楽を心から楽しんでいます。それに隣人がゴルフカートを貸してくれたので、家族全員で近所のイルミネーションを見に行くことができるようになりました。みんなアリーが来るのをわかっていて、光を灯して待ってくれています。隣人たちは『アリーちゃんのために、みんなが1つになれたの。私たちも少し早いクリスマスを楽しんでいるわ』と喜んでくれています。」

「近所から広がったクリスマスの光はまさに、私たち家族の心を明るく照らす光となっているのです。」

そう語るモーガンさんは2年前、中国からジェームズ君を養子に迎えており、今は家族4人でできるだけ一緒に過ごし、アリーちゃんのために毎日祈りを捧げているという。

画像は『Morgan Cheek 2020年10月10日付Instagram「First off, thank you to everyone who reached out about pictures.」、2020年11月13日付Instagram「We had no idea that something was “different” about Bailey Grace and Ally until they were several months old.」、2020年11月5日付Instagram「That first picture?」、2020年11月16日付Instagram「The Gospel is a lamp shining in a dark place」』『Julianna Hansen 2020年11月15日付Instagram「I think we all need hope and Christmas lights early this year.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ