【P1Harmony リレーインタビュー6:ジョンソプ】ラップと作詞には自信がある

ウレぴあ総研

2020年10月28日に、ミニアルバム『DISHARMONY:STAND OUT』を韓国でリリースしてデビューしたばかりのP1Harmony(ピーワンハーモニー)は、平均年齢17歳という若々しい6人組ボーイズグループ。

FNC ENTERTAINMENTがSF9以来、約4年ぶりに輩出するダンスグループとしても注目されている。

さらに、歌手デビューする以前に、メンバーが主役の大作SFヒューマン映画『P1H:新しい世界の始まり』が制作され劇場公開されるという、これまでにはないスケールの大きなお披露目でも話題を集めているところ。

デビュー日にYouTubeで公開されたアルバムのリードトラック『SIREN』のミュージックビデオは、11月6日時点で1000万回視聴を超えた。

新たなK-POP界のスターを夢見るフレッシュな彼らは、韓国出⾝メンバーが4⼈、⽇本とカナダ出⾝のメンバーがそれぞれひとりと、多国籍なメンバーで構成されており、デビュー作からラップメイキングを含めたほぼ全曲にメンバーが作詞で参加とクリエイトにも積極的!

そんな6人の魅力をひとりずつひも解く1問1答インタビューが到着。デビューが決まったときの気持ちや、先輩アーティスとのコラボ希望や他のメンバーの紹介まで、ひとりずつの回答を直筆を交えてお届けします。

最後となる6人目に登場するのは、ラップメイキングが得意なメンバー。

2005年11月19日生まれ、韓国・一山(イルサン)出身で177cm・56.8kg。「知り合いのお兄さんから、“一度オーディションを受けてみたら?”と言われて受けにいったんです。それで合格して、事務所に所属することになりました」という、最年少でラップとダンスを担当するジョンソプ。

■虫以外に怖いものなし!ラップと作詞は自分が一番!

── 自分自身の“弱み”と“強み”を、挙げるなら?

弱みは、虫……です。でも、虫以外に怖いものはないです! だから、僕の強みは虫以外に怖いことが何もないところです! それに、ステージでの度胸もあります。

── メンバーの中で「これだけは自分が1番だ」と思うことはなんですか?

ラップと作詞です。本当に努力をして果てしなく多様性を見出そうとしている部分だし、どちらも自信があります。そう確信しています。

── あらためて、デビューおめでとうございます! デビューが決まったとき、最初に伝えた方は誰ですか?

僕は、両親に一番初めに知らせました。両親は「今まで本当にお疲れ様、努力した分だけ上手くいくはずだよ」と言ってくださいました。

── P1Harmonyのデビュー曲を初めて聴いたとき、どんな感じがしましたか?

すごく新しい感じの曲なので新鮮でした! この曲に僕が歌詞を書いたらどんな風になるかな……? とワクワクしながら聴きましたね。

── FNCといえば、事務所の全アーティストが出演するファミリーコンサート“KINGDOM”がありますよね。ご自分が“KINGDOM”のステージに出演してコラボレーションができるとしたら、誰とどんなステージをやってみたいですか?

SF9のフィヨン先輩とラップをして、かっこいいステージを作ってみたいです。

── 自分をアーティストとして形容するならば、なんと呼ばれるようになりたいですか?

予測不可能

── リレーのバトンを渡すメンバーのことを、普段はなんと呼んでいますか?

ヒョン(兄さん)、ギホヒョン(ギホ兄さん)

── では、あなたから見たそのメンバーを描いて、紹介してください。

ギホヒョン(兄さん)は、いつも大人っぽいヒョンです。それでも親しみやすくて頼りになるヒョンです。

なので、茎がまっすぐに伸びた、か弱い花のようです。

■プロフィール

P1Harmony(ピーワンハーモニー)

韓国ロックバンド界の開拓者として、日本をはじめ世界各国に進出し道を切り拓いてきたFTISLANDとCNBLUE、韓国次世代バンドの最有力候補N.Flying、今年主要音楽番組にて2作連続1位を獲得し今最も旬なダンスグループとして注目を集めるSF9など、トップアーティストを常に排出し続けるFNC ENTERTAINMENTから約4年ぶりにデビューしたボーイズグループ。2020年10月8日に韓国の劇場で主演映画『P1H:新しい世界の始まり』が公開されスクリーンデビュー。2020年10月28日に1st Mini Album『DISHARMONY:STAND OUT』でアーティストデビューを果たした。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ