中澤裕子、47歳でのセーラー服姿に照れる 福岡での活躍ぶりに「理想的な生き方」と羨む声も

元モーニング娘。の中澤裕子がセーラー服姿を披露した。47歳でありながら若々しく、セーラー服を着こなす姿はさすが元アイドルでファンからも「可愛い」と好評だ。そんな中澤は2014年に活動拠点を福岡へと移しており、“福岡の女帝”として再ブレイクしていた。

モーニング娘。の元メンバーでタレントの中澤裕子(47)が22日、自身の公式Instagramを更新。FBS福岡放送『地元検証バラエティ 福岡くん。』にてセーラー服を着たことを報告した。

パラシュート部隊の斎藤優、FBS福岡放送の伊藤舞アナウンサーと並んで微笑む中澤。自身は「(収録が)楽し面白すぎて自分の恥ずかし姿を忘れてしまってた」とセーラー服姿に照れた様子だったが、ファンからは「可愛い」「セーラー服まだイケてますね」というコメントが寄せられている。

そんな中澤は2009年にも番組の収録でセーラー服姿を披露しており、その際も「まだまだいけますねぇ」とファンに絶賛されていた。11年経ってもセーラー服を着こなす姿はさすが元国民的アイドルならではだろう。

中澤裕子は1998年、初代モーニング娘。のメンバーとしてCDデビュー。初代リーダーとして約3年間“国民的アイドル”として活躍し、2001年4月にモーニング娘。を卒業した。その後はソロとして活動し、2012年4月に一般男性と入籍。同年11月に第1子を出産した。

モーニング娘。といえば、藤本美貴(35)後藤真希(35)など今も第一線で活躍するOGは少なくない。そんな中で中澤裕子については「現在は何をしているのだろう」と疑問に思っている人もいるのではないだろうか。

実は中澤、2014年春に夫の仕事の都合と育児のため福岡に移住している。同時に芸能活動の拠点を福岡に移すことを報告しており、中澤は当時のブログで「今まで以上にパワフルに『中澤裕子』全開で頑張ります!」と意気込んでいた。

その言葉通り、移住後の中澤の芸能活動は絶好調だ。中澤は現在、FBS福岡放送『めんたいワイド』、TNCテレビ西日本『ももち浜ストア』などにレギュラー出演している。そのほか単発番組を含めれば相当な仕事量をこなしていることは明白で、“福岡の女帝”というあだ名がつくほどだ。

中澤の移住後の活躍は、2018年に放送された日本テレビ系『ザ・パワーマップ!』でも話題となった。当時6本のレギュラー番組を持っていた中澤に対して、番組MCのチュートリアル・徳井義実は「これは(タレントとしての)完成形!」と絶賛していたものだ。

私生活では2児の母となり、芸能活動も絶好調の中澤裕子。夫と子どものために福岡へと移住するという献身ぶりを見せながら、新たな土地で一から芸能活動を始めるパワフルさにSNSでは「1つの理想的な生き方」と評価する声もある。主婦業と仕事を両立し、いつまでも若々しい中澤裕子の姿に勇気をもらっている女性は少なくないだろう。

画像は『中澤裕子 Official Instagram 2020年10月23日付Instagram「昨夜のお仕事めちゃくちゃ楽しかった!」、2020年11月22日付Instagram「FBSさん『福岡くん』今日出ます。」』『中澤裕子 2009年12月16日付オフィシャルブログ「今日の衣装☆」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 すぎうら)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ