田中圭が真顔で吐き捨てる「母親失格です」&土屋太鳳はモラハラに苦しむ“シンデレラ”に 映画『哀愁しんでれら』予告編を解禁

SPICE


2021年2月5日(金)公開の映画『哀愁しんでれら』より、予告編が解禁された。

『哀愁しんでれら』は、次世代のクリエイター発掘のためのコンペティション『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM』で2016年のグランプリを受賞した企画を、監督自身の完全オリジナル脚本で映画化した作品。幸せを追い求めた女性が、なぜ凶悪事件を起こした理由を描いたサスペンスで、ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)や、映画『3月のライオン』『ビブリア古書堂の事件手帖』などの脚本を手掛けてきた渡部亮平氏がメガホンをとる。

主演の土屋太鳳が演じるのは、市役所に勤める女性・福浦小春。突然の不幸にあい、すべてを失うが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医と出会い、どん底から一気に幸せに。しかし、ある日社会を震撼させる事件を起こしてしまう。また、小春が出会う開業医・泉澤大悟役で田中圭が共演。また、土屋太鳳演じる福浦小春の妹・千夏役で山田杏奈、父親・正秋役で石橋凌、祖父・一郎役でティーチャが出演することが明らかに。さらに、小春の友人役として安藤輪子と金澤美穂、小春の上司役で中村靖日、泉澤大悟の娘・ヒカリ役でキッズインスタグラマーのCOCO、ヒカリが通う学校の教頭役で正名僕蔵、大悟の母親・美智代役で銀粉蝶がキャスティングされている。


解禁された予告編は、土屋演じる小春が踏切に横たわる少年を見つめる不穏なシーンからスタート。しかし、その後は大悟(田中圭)と出会い、彼の娘ヒカリ(COCO)とともに家庭を築き始める姿が描かれる。周囲に「シンデレラのよう」とうわされ、幸福な人生を送るかに見えた小春だが、徐々に生活に陰りが。大悟の姿と思われる怪しい肖像画が大量に並ぶアトリエや、「足のサイズしか知らないのに結婚して大丈夫?」という友人、小春を責め立て反抗的な態度を見せるヒカリや、大悟の母親(銀粉蝶)や小春の父親(石橋凌)からのプレッシャーが、小春を追い詰めるていく。

そして、大悟も「食べることしか脳にねぇのかよ!」と怒鳴りつけたり、真顔で「母親失格です」と吐き捨てるなど、典型的なモラハラ仕草を見せ始める。やがて、小春の態度にも異変が。終盤には、「夢や希望が人を苦しめる」「モンスターペアレンツ」「モラハラ」など、キーワードの数々が浮かび上がる。果たして、小春はどんな問題を起こすことにkなるのか。

『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ