ヘンリー王子夫妻、フロッグモア・コテージをユージェニー王女夫妻に明け渡す エリザベス女王に事前相談なく

ヘンリー王子夫妻が、英国の住居フロッグモア・コテージを王子の従妹にあたるユージェニー王女と夫ジャック・ブルックスバンク氏に明け渡していたことが分かった。この計画はヘンリー王子夫妻とユージェニー王女夫妻の間で私的に行われ、事前にエリザベス女王ら王室メンバーには相談されなかったという。現在妊娠中のユージェニー王女は、夫のブルックスバンク氏と共に2週間ほど前にコテージに引っ越している。『The Sun』などが伝えた。

2018年にロイヤルウエディングを執り行ったヘンリー王子(36)メーガン妃(39)は、2019年春にウィンザーにあるフロッグモア・コテージに移り住んだ。邸宅はエリザベス女王から贈られたもので、イギリス指定建造物2級(グレードII)に指定された建物だ。夫妻は王室助成金から3億円超の費用をつぎ込み邸宅を改築したものの王室から離脱、今年夏に米サンタ・バーバラで15億円超の豪邸を購入し新生活をスタートした。そして9月には、フロッグモア・コテージ改築費用を全額返納したと報じられた。

『The Sun』によると、邸宅の明け渡しについての話し合いはヘンリー王子夫妻とユージェニー王女夫妻の4人だけでプライベートに行われ、上級王室メンバーには相談しなかったという。来年に出産を控えているユージェニー王女(30)と夫のジャック・ブルックスバンク氏(34)は2週間ほど前にフロッグモア・コテージに引っ越したそうだ。

情報筋は邸宅内からヘンリー王子夫妻のものとみられる所有物や家具などが運び出される様子を目撃したとして、このように明かしている。

「引っ越し用のバンが真夜中に現れて、邸宅の中のものを運び出していました。彼らが誰にも見られたくなかったのは明らかです。」

「邸宅を空にして鍵を渡すことは、ヘンリー王子夫妻が英国に戻るつもりがないという意思表示と言えます。彼らは米国での滞在を延期するか、永住する気なのでしょう。未解決の問題を片付けているようですから。」

エリザベス女王をはじめとする上級王室メンバーは4人の計画を聞いた時に大変驚いたそうで、情報筋は「ヘンリー王子夫妻が邸宅を明け渡す計画を知った上級王室メンバーは当初、不意打ちを食らったようでした」と語っており、こう続けた。

「エリザベス女王に伝えたのは、明らかに4人が話し合ったあとでした。ただし4人の間ではそれなりの取引が行われました。彼らは強い絆で結ばれていますから。」

ユージェニー王女夫妻はフロッグモア・コテージに引っ越す以前、ケンジントン宮殿内にあるアイビー・コテージに居住していた。新居である同邸宅は王女の父アンドルー王子が居住するウィンザーのロイヤル・ロッジから6キロほどの場所にある。

バッキンガム宮殿の広報担当者は「フロッグモア・コテージはサセックス公爵夫妻の私邸であり、このような取り決めは彼らの手に委ねています」と伝えている。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年6月27日付Instagram「TRH The Duke and Duchess of Sussex are excited to announce that they have been asked to carry out a tour to Southern Africa this autumn.」』『Princess Eugenie 2020年4月24日付Instagram「Jack and I are celebrating our 10th anniversary today...」』『The Royal Family 2020年3月23日付Instagram「Wishing Princess Eugenie a very Happy Birthday!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ