あのバカ高校生コンビがこうなりました。 まさかの新作『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』予告編解禁

ガジェット通信



相変わらずあのエアギターやってます。

キアヌ・リーブスアレックス・ウィンターが愛すべきバカ高校生コンビを演じるコメディ映画『ビルとテッド』シリーズより、29年ぶりの新作『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』が12月18日より公開。大変だった2020年の締めくくりにこそ観たい、最高にハッピーな本作の予告編が解禁となった。





ふたりのバンド「ワイルド・スタリオンズ」の人気もすっかり落ちぶれ、冴えない中年になってしまったビルとテッド。しかし、未来からの使者によって、世界滅亡のタイムリミットが77分であり、世界を救うためには“サイコーの曲”が必要であることを知らされる。二人は史上最強のバンドを作るべく、タイムマシンを駆使してモーツァルト(!?)などの伝説的ミュージシャンを集めようと奮闘する。

予告編では、中年になっても相変わらずなビルとテッドの様子を見ることができる。世界を救う条件を知った二人は、「プレッシャーきつくない?」と愚痴をこぼしつつも、電話ボックス型タイムマシンに乗り込み「やるか、ビル」「いいぜ、テッド」と奮起し、おなじみのエアギターをキメている。まだやってたか! さらに、二人はシリーズ2作目に登場したナイスキャラの“死神”にも声をかけ、メンバーに加える様子。ビルの「互いにエクセレントであれ」、テッドの「パッといこう!」に続く、死神の「ロックしようぜ!」がなんともアツい。サマラ・ウィービング、ブリジット・ランディ=ペイン演じる二人の娘の活躍にも期待したいところ。

アメリカ本国では8月に公開・配信され、「パンデミックでブルーになっている私たちを笑顔にさせてくれる、最高で最大の特効薬」「ファンは大満足! そして新たな世代も魅了する最高の二人!!」など絶賛評が寄せられている。

ムビチケ(前売り券)は11月27日より発売。特典としてスマートフォン用の特製壁紙がDLできる。待受をビルとテッドにすれば、君のスマホもエクセレントだ!

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』

12月18日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

(C) 2020 Bill & Ted FTM, LLC. All rights reserved.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ