この一言で決意! 彼氏に言ってはいけない浮気促進ワード




ついつい口走ってしまった一言で、彼の浮気心を促進させてしまうケースも多いのです。今回は、彼氏に言ってはいけない浮気促進言葉をご紹介。この一言で浮気を決意したって本当?

「勝手にすれば?」

「意見がすれ違ってケンカになったとき、『勝手にすれば?』とLINEが来て、その後連絡がなかなかなければ、その日ワンナイトラブの浮気をしても、言われた通り勝手にしただけなので罪悪感はないです」(25歳/メーカー勤務)

▽ 勢いで言い放ったこの一言が取り返しのつかないことに。素直にそのまま受け取ってしまい、勝手な行動(浮気)をされてからでは遅い!

「会社の○○くんがさ~」

「彼女から『会社の○○くんがさ~』と定期的に他の男の話をされるとイラっとします。束縛も激しく、浮気はダメとか言っておきながら自分は男と絡んでいるなら、僕にだって同じ権利はあるはず」(24歳/公務員)

▽ 浮気はダメというルールを決めておきながら、しょっちゅう男性の話題をしてくる彼女。普段から彼女の束縛が激しいことがあげられ、「彼女はよくて僕はダメなのか?」という矛盾も。

「へ~、そうなんだ」「ふ~ん…」

「僕が日々の報告をしても『へ~、そうなんだ』と興味のなさそうな返事が続くと、好きじゃないのかな? と思い、チャンスがあれば浮気しています。
話をしていても会話を広げようとしないし、自分の話はするだけして、僕の話は聞かないって好きじゃないと思う」(28歳/金融)

▽ なかには興味のない返事が続くと、彼女との関係性に見切りをつけて、次の彼女候補探しをするツワモノも。男性の話は聞いてあげてこそ、承認欲求を満たしてあげられますよ。

「どうせモテないくせに(笑)」

「『どうせモテないくせに~(笑)』とか、『その髪型、似合ってない』など外見についてけなす言葉を言われると、たとえ冗談でも、見返したくて浮気心が……」(27歳/広告代理店)

▽ けなす一言。自分は冗談で言ったつもりでも、受け取り方は人それぞれなので、言われた側は深く傷つく人も多いです。私の彼氏に限って浮気なんてないから……とたかを括っていると危ないかも。

「本当に残業なの?」



「多少の束縛は許してきましたが、仕事の残業まで疑われ始めたら窮屈に感じます。決算月は残業が多く『本当に残業なの?』と毎日言われていたとき、たまに残業じゃなくても残業だということにして浮気をしていました」(30歳/営業)

▽ 浮気をしていなくても仕事を浮気だと疑われ続け、嫌気がさしたようですね。この言葉がなかったら浮気をしていなかったと考えると、浮気心を促進させる言葉はあるのだと痛感させられますね。

まとめ

一度、相手に言った言葉は取り消し不可能です。だからこそ、彼に対する一言一言に思いやりをもって発したいですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ