渡部建が許される方法とは? “復帰報道”に「まずは会見と説明を」

まいじつ

渡部建 
(C)まいじつ 

多目的トイレでのゲス不倫が発覚し、6月から無期限活動自粛中の『アンジャッシュ』渡部建。相方・児嶋一哉や、妻・佐々木希の謝罪を横目に雲隠れを続けていた男が、やっと動き出した。一部報道で、大みそか恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)に出演すると伝えられたのだ。

この情報を伝えた『スポニチ』によると、スポンサーなどに配慮し、局側は慎重に協議。最終的に11月17日に出演が決まり、すでに収録は終わっているという。

「渡部の場合、多目的トイレを利用した不倫ですから、イメージは最悪でしょう。同番組は2017年に〝アパ不倫〟の袴田吉彦が、19年には〝4WD不倫〟の原田龍二が出演し、スキャンダルを笑いに変えています。渡部もなんとかお茶の間の笑いをとりたいところですが、それ以前に、公の場でキチンと会見をしていないことを視聴者がどう感じるかですね。いきなり番組に出演して、笑いを取ってごまかそうとするなら、批判の声が殺到するでしょう」(エンタメ誌記者)

音沙汰なしで復帰する渡部建はナシ?


渡部の動向が伝えられると、ネット上には

《このご時世とはいえ、まだ公の場で会見もしてないのに、そんな都合の良い話なんてあるわけないよな。原田、袴田も同じ事をしたけど、渡部の場合は笑いに変えるのは難しいと思うけど》
《まずは、きちんと記者会見とか公の場での説明でしょ。「自粛します」と言って勝手に逃げただけで、ほとぼり冷めたら戻ってくるってどうなんだろう?》
《俳優がお笑い番組で復帰するから許されるんであって、もともと芸人のお前は違うだろって思う》
《原田、袴田の不倫も渡部と変わらない。ただ、先の2人は禊として謝罪会見をしている。うまく自分を落として笑いものにされる事で、「笑ってはいけない」が成立した。逃げ回っている渡部を、面白おかしく出来るのかな?》
《渡部って元から笑いとってなかったから、笑ってはいけないは向いてないんじゃない?》
《というか、イジってもらって禊ぎってパターン飽きたわ》

などと、拒否反応を示す声や批判が殺到している。

世間だけでなく業界関係者も、渡部がいまだに謝罪会見を開かないことを、「筋が通っていない」と苦々しく思っているという。何事もなかったように番組に出演するのは無理があるように思えるが、本当に渡部は出演するのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ