爆笑問題、ネプチューンの特徴を若手に解説 太田は「名倉は本気で…」

しらべぇ




22日放送の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)で、爆笑問題がネプチューンの特徴を解説していった。

■『ネプリーグ』の相談


この日のゲスト・ニューヨークは、近々出演するという『ネプリーグ』(フジテレビ系)の心配を相談。屋敷裕政は同番組のADをしていたことがあり、何度も間違えて空気を悪くする若手芸人を見てきているのだという。

同番組に何度も出演しているEXITのりんたろー。は、「まず、噛み付くことが大事」「世代間を出したいから、若いもんVSネプチューンっていう構図を作る」と伝授。

相方の兼近大樹も「『俺たちがこの番組乗っ取ります』ってくらいのスタンスで…」と、かなり的確なアドバイスを送っていった。

関連記事:ネプ堀内健、松本まりかの衝撃シーン目撃 「それを見て好きになった」

■爆問の見解は…


宮下草薙の草薙航基は、「カンペで『噛み付いてください』って出てるのに、名倉(潤)さんとかが、『何で噛み付いてきたんだ』って顔してるときがある」と、噛み付いた当時を思い出して苦笑い。

名倉から強く当たられることもあるため、くじけないよう、とにかく強い心で噛み付いたほうがいいとアドバイスする。こうして若手からの意見が上がると、今度はネプチューンと同世代の爆笑問題が口を開いた。

■同世代ならではの分析力?


田中裕二が「(堀内)健に面白いって思われたら、たぶんあそこは…」と述べると、太田光は「(原田)泰造とか健は優しいもんね」とこれに同調。田中は続けて、「健が『こいつらおもしれぇ、好き』って思ったら、たぶんあそこは勝ち」と、堀内がキーマンだと分析する。

同世代ならではの意見に若手たちが感心していると、太田から「名倉は本気でボケを嫌うことがあるから」との補足が飛び出す。先ほどの草薙の告白を裏付けるような証言に、スタジオは大きな笑いに包まれた。

お互いを知り尽くした間柄だからこそ、つぶさな特徴も知り尽くしているようだ。

・合わせて読みたい→名倉潤、ぼる塾のあんりに「俺の嫁に謝れ」 第7世代との激突に大反響

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ