千秋、歌への思いを吐露 「歌う場所がない、需要がない」

fumumu

千秋(写真提供:JP News)
タレントの千秋さんが21日、自身のインスタグラムを更新。

かつて、ウッチャンナンチャン・内村光良さん、キャイ~ン・ウド鈴木さんとのユニット「ポケットビスケッツ」のボーカルとして活躍していた彼女が、あれから20年ほど経った今「歌」に対する心境を明かしました。

■懐かしのユニット


千秋さんは「わたしが歌わなくなってからもう20年くらい経つのに、今も沢山の方から『千秋ちゃんの歌を聴きたい、また歌って欲しいです』と言われます。凄く凄く嬉しいです」というコメントと共に、古いピンクのマイクを映した写真を投稿。

1996年から放送されていたバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ)にて「ポケットビスケッツ」が結成され、そのボーカルを務めていた千秋さん。

キュートな歌声に夢中になった人は多く、「YELLOW YELLOW HAPPY」「POWER」など様々なヒット曲を飛ばしていました。

関連記事:『のだめカンタービレ』新作4コマに声優がアテレコ 作者「夢か!」

■「わたしも歌いたい」


そんな千秋さんは、今でも歌いたい気持ちがあると告白。「歌って欲しい」という声を聴くたびに、凄く凄く嬉しいです。同時にそんな声を聞く度に、心臓がぎゅうううってなります」と心境を明かしました。

続いて「わたしも歌いたい。心から。 でも歌う場所がない。ごめんなさい。ごめんなさいって苦しくなります。需要がないのです」と、現在置かれている状況を説明しています。

■歌える声があるうちに…


千秋さん自身は「歌の仕事がしたい」という気持ちがあり、事務所に要望を出しているのにも関わらず「なしのつぶて」なのだそう。

しかし、「もう『歌いたい』のを隠すのはやめた。歌いたい気持ちがあるうちに歌える声があるうちに自分で動かないとですね」と前向きに動いていきたい意図を明かし、「もし、これを読んでくれたひとの中で、まだ歌が聴きたいよって方がいましたら、コメント下さい」と呼びかけました。

■多数の声援が


いつもはコメント欄を解放していない千秋さんは、「『あなただけでも望んでくれるのならば 声の限り歌い続けるって誓うよ』って言ったのはわたしなのにね。こんな時だけコメント欄あけて、都合がいいよね。ごめんね」と謝罪、第三者の声を求めたことに対し、ファンからは応援の声が殺到。

「歌ってほしい」「千秋さんのパワフルな声、大好きです!歌ってください」「ポケビの歌大好きでした」「千秋さんの歌声がすごくパワフルで今でも鮮明に記憶に残ってます」など、数々の熱い声援が寄せられました。

千秋さんは「今もわたしのファンというひとは、15人くらいかもしれないけど…(肌感覚)それでもまだいてくれたらいいなあ」と話していますが、投稿には22日現在、1万を超えるいいね!と大量のコメントがついていることから歌手として復活する日はそう遠くないのかも…?

★千秋さんが心情を綴ったインスタはコチラから

・合わせて読みたい→千秋、壊されていく古民家に抱く想い 「素晴らしい文化」「もったいない」

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ