ゆゆうた、迷惑系YouTuberから自宅凸の被害 「一生を棒に振る」と持論

fumumu

youtube(Prykhodov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
20日、人気ユーチューバー・配信者の鈴木ゆゆうた(以下、ゆゆうた)さんが自身のYouTubeチャンネルに新たな動画をアップ。

迷惑系ユーチューバーから自宅凸(突撃)の被害にあったことを明かしつつ、迷惑系ユーチューバーになるべきでない理由を述べました。

■迷惑系ユーチューバーに自宅凸される


12日にアップした動画にて、家の前で待ち伏せする行為について「マジでやめてください」と述べていたゆゆうたさん。逮捕された某迷惑系ユーチューバーに凸されたことでも知られるゆゆうたさんですが、このときも「僕だけの問題じゃなくなっちゃう」と他の住民にも迷惑をかけると述べていました。

そして20日、ゆゆうたさんは「迷惑系YouTuberに言いたいこと。」と題した動画をアップ。12日の動画をアップした直後に、「なんか変なユーチューバーのグループみたいな人たちに家凸されて、ずっとしつこくついて来られて、動画も撮られたんですよ」と、迷惑行為の被害にまた遭ってしまったことを明かします。

そして、この流れを受ける形で、ゆゆうたさんは迷惑系ユーチューバーについて語ることに。

関連記事:人気YouTuberジョー、迷惑系チャンネルの主にボヤキ 自身と似た行為も…

■迷惑系がもうすぐ稼げなくなる


「結論から言うと、マジで辞めたほうがいい」「倫理的にも良くないけど、あなた自身にとって良くない」と語るゆゆうたさん。

ユーチューバーの収益は基本的に(1)動画の広告収入(2)企業案件(3)グッズ販売の3つですが、(1)については、迷惑系ユーチューバーの代表格が逮捕されたことで、過激な動画、低評価の多い動画を収益化の対象外にする動きが強まっていることを指摘。「確実にゼロになります」「今、かろうじて収益化通っている人も、近いうちに必ず剥奪されます」と述べます。

また(2)(3)についても「企業のイメージダウンに繋がってしまう」「嫌いな人の動画を見ることはあっても、そこにお金を使うことは絶対にない」と語ります。

■就職も「できない」理由は…


YouTubeで稼げないとなると、現実問題として就職しないといけなくなるわけですが、ゆゆうたさんはこれも「できないんですよ」と断言。それは、YouTubeという大きなサイトに、自分の顔や声を出して迷惑行為する動画をアップするというのは「自分で指名手配の張り紙貼って歩いてるようなもの」だからです。

最後に「一時的に注目を浴びることと引き換えに、一生を棒に振るということを覚えておいてください」としめくくり、視聴者には迷惑系ユーチューバーにならないようにしようと呼びかけていました。

■共感と声援


今回の動画に対し、コメント欄では「迷惑系は冗談抜きで犯罪者と同義。ゆゆうたに凸したやつは肖像権侵害、ストーカー行為が当てはまる。まじで辞めたほうが良い」「迷惑かけちゃいけないよね」など、共感の声が相次ぐことに。

一方、「こんなに酷い被害を受けてるのに毎日通常運転で活動してるゆゆうたが1番かっこいい。頑張れ!」など、自分の活動を守り続けるゆゆうたさんを称賛、応援する声も確認できます。

★ゆゆうたさんの動画はこちら

・合わせて読みたい→人気YouTuber、偽者の悪質すぎる行動に激高 友人の生配信に出没し電話要求

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ