柏木由紀、「手根管症候群」だったと明かす 謎の手の痺れから回復

fumumu


柏木由紀

AKB48の柏木由紀さんが21日、YouTubeチャンネルに新たな動画をアップ。謎の手の痺れの原因を、ファンに向けて報告しました。

■手根管症候群と診断


以前アップした動画で、左手の痺れと喉の痛みについて話していた柏木さん。整形外科を訪れ、左手の痺れについて診察してもらったところ、「手根管症候群」と診断されたそうです。

この病気は手首の骨と手根靭帯に囲まれた手根管という空間のなかで、なんらかの原因によって正中神経が圧迫され、手の痺れが生じるものです。

関連記事:柏木由紀、霜降り・粗品に収益アップの手法を見抜かれ苦笑 「バレたか~!」

■病院で注射を打たれることに


軽い気持ちで病院を訪れた柏木さんですが、医師の勧めで幹部に注射を打つことになり、「えっ、大事やん…」とびっくりしたそう。

急遽撮影されたという、注射時の(柏木さんの表情の)映像も公開され、そこでは「ソロコンサートより緊張する」「うわ痛っ!」「めっちゃ痺れる」などと話す様子がおさめられていました。

■本来は中高年に多い病気


診察してくれた先生によると「本当は、中高年の方に多い」というこの病気。ですが、柏木さんの場合は「もともとなりやすいかも」とのことです。

そして、気になる病状ですが、「現状は様子見中」としつつも、「ちょっといい感じ」だそう。使い物にならないくらい痛かった時期と比べると、かなり良くなっているようです。

■安堵と心配の声


今回の動画に対し、コメント欄では「とりあえず病名が判明し、最悪な事態にならなくて良かったです!」「きっと多忙な生活でできてしまったんでしょうね」「直ったからと言ってあまり負担とかかけないようにね」「動画を見てホッとしました。やはり長いAKB生活、激しいダンスやマイクパフォーマンスをする事で、体に無理が来ていたんでしょう」など、安堵の声が相次ぐことに。

一方、喉の痛みについては、柏木さんが「良くなりました」「原因はわかんないんですけど」「なんか治りました」などと語っていたこともあり、心配の声も。多忙かもしれませんが、時間を作ってしっかり検査してほしいところですね。

★柏木由紀さんの動画はこちら

・合わせて読みたい→柏木由紀、「オトナ女子」を目指しイメチェン中? ファンの間で憶測も

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ