「PS5」高額転売をメルカリは規制するのか? 発売4日で11万超販売、入手困難

wezzy


 「プレイステーション5」が発売から4日間で11.8万台、「Xbox Series X」「Xbox Series S」が発売から6日間で2.1万台販売されたことがわかりました(ファミ通調べ)。両ハードとも、予約が始まるや否やあっという間に完売。抽選販売も行われましたが、現時点では入手困難となっています。

およそ7年ぶりの新型となる「プレイステーション5」は、2020年11月12日にソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売され、11月15日までの4日間で、11万8085台(国内推定販売台数/通常版とデジタル・エディションの合計値)の売り上げを記録。

「プレイステーション5」向けのソフトでは、「Marvel’s Spider-Man:Miles Morales(スパイダーマン:マイルズ・モラレス)」が1万8640本(パッケージ版)、「Demon’s Souls」が1万8607本(パッケージ版)の売り上げ。いずれも「プレイステーション5」と同日に発売されました。

「Xbox Series X」「Xbox Series S」は、2020年11月10日に日本マイクロソフトより発売され、11月15日までの6日間で、2万534台(国内推定販売台数/「Xbox Series X」と「Xbox Series S」の合計値)の売り上げを記録。「Xbox Series X」および「Xbox Series S」のソフトに関しては、ダウンロード販売が大半を占めています。

クリスマスや年末年始を控え、今後さらに需要が高まることが予想されます。「プレイステーション5」の希望小売価格は、通常版が4万9980円(税別)、ディスクドライブのないデジタル・エディションは3万9980円(同)ですが、メルカリなどフリマアプリでは10万円前後で転売取引されています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントはメルカリ社に対し、転売防止の理解と協力を呼びかけており、メルカリ側の対応に注目が集まっています。

■詳細
調査実施機関:株式会社角川アスキー総合研究所(本データは、ファミ通と角川アスキー総合研究所の共同調査)
集計期間:
「プレイステーション5」本体 2020年11月12日~11月15日/販売日数:4日間
「Xbox Series X」「Xbox Series S」本体 2020年11月10日~11月15日/販売日数:6日間
プレスリリース

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ