緊急配信!! 11/22・29にムーティ&ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団の演奏を視聴無料で

SPICE



2020年11月22日(日)・29日(日)の両日、日本時間19:00から、東京・春・音楽祭の公式サイトでリッカルド・ムーティ指揮、ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団の演奏会の模様が、日本のファンに向けて特別配信される。

この配信は視聴無料。東京・春・音楽祭と提携関係にあるイタリア・ラヴェンナ音楽祭とRMMUSICの提供により実現した貴重な機会で、演奏はラヴェンナのダンテ・アリギエーリ劇場で無観客で収録されたもの。配信は日本のほか、ラヴェンナ音楽祭の公式サイトとイタリアの通信社ANSAの公式サイト内で行われる予定だ。

演目は11月22日(日)が「オール・シューベルト・プログラム」で、2005年ケルビーニ管弦楽団の第1回公演で演奏された「交響曲第8番《未完成》」と「交響曲第3番ニ長調」。続く11月29日(日)は、イタリアの作曲家がテーマ。プッチーニ「交響的前奏曲」、ヴェルディの歌劇《ナブッコ》序曲や《運命の力》序曲、マルトゥッチ「ノットゥルノ(夜想曲) op.70-1」などを取り上げる。

リッカルド・ムーティ指揮ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団 特別配信
リッカルド・ムーティ指揮ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団 特別配信

東京・春・音楽祭は2016年の日伊国交樹立150周年記念年を機に、ラヴェンナ音楽祭と提携を開始し、日伊両国でケルビーニ管弦楽団のメンバーと、日本の若手奏者たちによる特別編成オーケストラによる演奏会を行うなど交流を行ってきた。さらに東京・春・音楽祭では2019年からラヴェンナで立ち上げられたプロジェクト、ムーティによる「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」を開催し、2020年も第2回目が予定されていたが、残念ながら中止となってしまっている。日本とイタリアで行われるこのたびの特別配信、コロナ禍の一日も早い収束と、海外アーティストの再来日を願いつつ、ぜひ耳を傾けていただきたい。

リッカルド・ムーティ指揮ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団 特別配信
リッカルド・ムーティ指揮ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団 特別配信

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ