【コンラッド大阪】ダンスや音楽をテーマにしたスイーツビュッフェ

IGNITE


甘いもの好きにはたまらない、見た目も美しいスイーツが登場。

次世代型のスマート・ラグジュアリーホテル「コンラッド大阪」では、12月2日(水)から2021年1月11(日・祝)までの期間で、ダンスやミュージックを題材にしたスイーツビュッフェ「The Hammer and The Dance」ホリデースイーツビュッフェを開催する。



■明るくホリデーシーズンを過ごせるようにと込められた願い

「The Hammer and The Dance」はアメリカのジャーナリストが提唱し、各国の政府やメディアが紹介して概念が広まった言葉。コロナ禍の中で「ハンマー」とはロックダウンのような行動制限のことを、そして「ダンス」とは行動制限の緩和の中で踊るように柔軟に社会活動を行うことをさすという。

この言葉にちなみ、コンラッド大阪のエグゼクティブ・ペストリーシェフ、ジミー・ブーレイが音楽に合わせて軽やかにダンスをするように、明るくホリデーシーズンを過ごせるようにとの願いを込めて、ダンスや音楽をテーマにスイーツを創作する。

■テーマに合わせて数々の趣向を凝らしたスイーツが楽しめる

スイーツビュッフェには、テーマに合わせて数々の趣向を凝らしたスイーツが約20種類味わえる。

バレエ演目の白鳥の湖をイメージした「白鳥の湖 ストロベリーとココナッツのシュークリーム」は、シェフがひとつひとつ白鳥の形に焼き上げた。



ロシアのバレエダンサー、アンナ・パヴロワに由来すると伝わっているパブロバは、焼いたメレンゲをベースにしたスイーツ。



ピアノの鍵盤のようなチーズケーキは、濃厚なココナッツムースとレアチーズケーキの融合が楽しめる。



他にも音楽をイメージしてさりげなく音符を散りばめた「フレンチモンブランタルト」や「キャロットとスターアニスのミュージックカップケーキ クリームチーズフロスティング」など、皿の上でも映えるスイーツも用意。クリスマス期間の12月19日(土)~12月27日(日)までは、限定でストロベリースイーツも味わえる。





スイーツ約20種類の他、セイボリーアイテムとしてシェパーズ パイなど約10種類を用意。コーヒー・紅茶も付いた大満足の内容だ。

ラグジュアリーな雰囲気の中で味わう絶品スイーツは、デートにもオススメ。

「The Hammer and The Dance」ホリデースイーツビュッフェ
料金:平日4,900円、土日祝・2021年1月1日(金・祝)~1月3日(日)5,300円、12月19日(土)~12月27日(日)のクリスマス期間は6,200円 ※消費税・サービス料別
場所:アトモス・ダイニング(40F)
詳細:https://conrad-osaka.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/sweets/atmos_2012

(Goto)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ