好きな人がバツイチ!付き合って後悔する前に確認したいこと5つ

ウレぴあ総研

年齢を重ねると、好きになった男性がバツイチだった、というケースも増えてきますよね。

実際、婚活市場でも、バツイチの男性の方が初婚男性よりも女性慣れしていてスマートな印象を受ける、という声も多いそうです。

今回は、好きになった男性がバツイチだった場合、付き合う前に確認しておきたいことについて紹介します。

■「バツイチの男性」と付き合う前に確認しておきたいこと

■1:離婚の原因について

まずは初歩的な事柄ですが、離婚の原因についてです。

離婚の原因としてよく挙がることは「浮気」。

もちろん浮気はよくないことですが、浪費による借金、ギャンブル依存症、DVなど、もっと深刻な原因が離婚の理由になっていることもあります。

また、アルコール依存気味で、お酒を飲むと人が変わったようになる……なんてことも。

知り合って間もないタイミングで、離婚の原因を聞くのは少し気が引けますが、関係が進んでから深刻な原因が明らかになっても後の祭りです。

深い話ができるような距離感になったら、それとなく聞いてみるのが良いでしょう。

■2:離婚の原因について聞いた時の反応や対応

前出の項目で紹介した離婚の原因と繋がってきますが、離婚の原因について聞いた時の反応や対応の仕方もチェックポイントのひとつ。

前の配偶者のことを悪く言いすぎるような、離婚の原因を全て相手に押し付けるような反応をしていたら要注意です。

また、反対に、ムキになって自分のことだけを悪く言い過ぎる場合も、前の結婚生活をまだ消化できていない証拠です。

落ち着いた様子で事実を話してくれて、聞いているあなた自身も違和感を覚えない場合は、関係を進めて問題ないと言えるでしょう。

■3:前向きな結婚観を持っているかどうか

離婚経験者が口を揃えて言うことは、離婚は結婚よりもエネルギーを使う、ということです。

実際にお付き合いをしていて、別れる時の方がエネルギーを使いますので、離婚となるとものすごく労力を消費するのは想像に容易いですよね。

ですので、男性が前向きな結婚観を持っているかどうかも重要な要素になってきます。

もしもあなた自身が、1年以内に結婚をする、という人生プランを立てていたとして、彼が結婚に対してネガティブな思いを抱いていたら、関係を進めることが困難ですよね。

お付き合いに進んでから、相手に結婚願望がない、前向きな結婚観を持っていないとわかっても、女性はなかなか潔く別れることができないものです。

人生プランにおいて、明確な結婚時期を設定している、という女性は、相手の結婚に対する考えを確認しておくに越したことはないでしょう。



■4:前の配偶者との間に子供はいるのか、またその関係性

前の配偶者との間に子供はいるのか、ということも重要なポイントでしょう。

もしも相手が親権を持っている場合、あなたが彼と結婚したら子供と生活を共にし、母親の役割を担う可能性があるからです。

前の配偶者が親権を持っていたとしても、父親は養育費を払う義務があります。その義務を果たしていないということは、責任感がない証拠。

前の配偶者が再婚しているなど、支払い義務がなくなっていることもあるので一概には言えませんが、支払い義務があるのに払っていない、という男性はNGです。

また、子供との関係性も確認しておくべきポイントです。

すでに子供がいるため、もう子供はいらない、と思っている男性も少なくないからです。

デリケートな質問ですが、関係を進める前に探っておくべきことでしょう。

■5:家族との仲について

バツイチ男性に限ることではありませんが、他人とは上手に関係を構築できるけれど、家族のような身近な存在との関係をうまく築けない、という人も存在します。

そのような人は、離婚の原因が家族との関係をうまく築けなかった、ということもありえるでしょう。

家族の話は、隠そうとしても人間性が露わになるものですよね。

ですので、どんな子供時代を過ごしたのか、両親や兄弟との関係など、さりげなくリサーチしてみることが重要です。

あまりガツガツ質問すると警戒されてしまう事柄ですので、話題に上がった時に注意深く相手の様子を観察するなどの方法でチェックするのが良いでしょう。



もしも好きな男性がバツイチだった、という時にはぜひこれらのポイントを確認してみてくださいね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ