GoTo対象ETC乗り放題プランを料金確認する方法

ラジオライフ.com


高速道路料金が大幅に安くなるGoToトラベル対象のETC乗り放題プランは、使い方次第で高速料金を半額以下にできるお得なサービスです。とはいえ、料金所を通過する際には料金がそのまま表示されるため、本当にお得になっているか心配な人もいるでしょう。そうした際に便利なのが「ETC利用照会サービス」です。

GoTo対象ETC乗り放題プランの料金確認する方法

ETC利用照会サービスには登録が必要


ETC利用して高速道路を走行した場合、料金所で通行券や通行料金の受け渡しはなく、領収書も受け取らずに通過します。レジャーであれば領収書がなくても問題ありませんが、会社員が出張した際の経費精算や、個人事業主が確定申告をするときには、領収書がないと困ってしまいます。

そこで、ETCを利用した走行については、ドライブ後に通行料金を確認したり、領収書を印刷する方法が2種類用意されています。1つがSA・PAに設置されているETC履歴発行プリンターで印刷する方法。もう1つが「ETC利用照会サービス」で、会員登録することにより、Web上から過去14ヶ月間に利用した分の通行料金が確認可能です。

ETC利用照会サービスの会員登録には、連絡先のメールアドレスのほかに、ETCカード番号とETC車載器管理番号が必要。このうち、ETC車載器管理番号については自家用車のものでなくてもOKです。レンタカーでETCを利用している人の場合、借りたレンタカー内に保管されているセットアップ申込書の情報で登録可能です。

ETC利用照会サービスに「企画割引」


ETC利用照会サービスでは、料金所の通過時刻や通行料金、利用した車種とナンバープレートの4桁分・ETCカード番号の下8桁が確認できます。それに加え、各走行について一番右側に「備考」という欄があり、ETC休日割引やETC深夜割引といった割引情報のほか、通行料金が確定しているかどうかも表示されます。

実はETCを利用した走行はシステム上、走行直後に料金が確定しません。例えば、首都高速にある「都心流入・湾岸誘導割引」のように、同じ入口ランプと出口ランプを通過しても通行ルートで料金が異なる場合、本線上にあるフリーフローアンテナ通過情報も参照して後日通行料金を確定します。

GoToトラベル対象のETC乗り放題プランの場合も同様で、高速道路利用直後はETC利用照会サービスには走行ルートそのままの料金が表示。備考欄には「確認中」と表示されます。そして、通行料金が確定した際には走行ルートは消え、「企画割引 宇都宮上三川」といった表示に切り替わるのです。

なお、ETC利用照会サービスで確定した通行料金を確認できるのは毎月1~7日までの走行は20日ごろ、8~15日は27日ごろ、16~25日は翌7日ごろ、26~31日は翌12日ごろ…となっています。このため、ETC乗り放題プランが適用されているかを知りたい場合、約2週間ほど待つ必要があるでしょう。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ