ぺこぱ松陰寺、「ノリツッコまない芸」が誕生した瞬間を明かす

fumumu


松陰寺太勇

20日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』 (TBSテレビ系)に、お笑いコンビ・ぺこぱが登場。

松陰寺太勇さんが「ノリツッコまない芸」を考案した経緯について明かされました。

■売れない頃、バイト先を転職


多くのお笑い芸人たちが絶賛した「お笑い界の大発明」と称される”ノリツッコまない”漫才。それを手にしたのは、12年間働いたカレー屋の閉店がきっかけだったことを明かしました。

閉店とともに「いよいよ芸人を辞めなきゃいけないのかな」「このまま売れない芸人を続けていても、売れる保証は一切ない」…葛藤のなか、生活のために葬儀屋に転職。

35歳で新しい場所でのスタートを切った松陰寺さんですが、周囲は年下の20代の人ばかりで、精神的につらかったことを振り返りました。

関連記事:ぺこぱ松陰寺、妻が激怒で壁に穴 気を遣いすぎる生活に東野幸治も同情

■年下の上司からの言葉に…


年下の上司2人に、自身が芸人であることを打ち明けると「芸人なの? コンビ名は?」「ぺこぱ? 知らねぇー」などとバカにされる現実…。

悔しさを滲ませながらも「バカにしてくるのが悪い…とも言い切れない。知られていない自分が悪いんだ」と、そのとき受けた感情こそが、ノリツッコまない芸の原型だったと回想しました。

■舞台上で思いつき…


さらに決定的となったのは、その後舞台に立ったときのこと。相方のシュウペイさんのボケに対し「おかしいだろ」と普通にツッコんだ松陰寺さん。しかし当時、派手な着物に奇抜なメイクだった松陰寺さんに対して「『おかしいのはお前だろ』と、すっげぇ変な空気になった」のだとか。

そこで「…って思ってるのは俺だけかもしれない」とアドリブで勝負に出たところ、お客さんは大爆笑。手ごたえを感じた2人は、漫才のすべてを“ノリツッコまない”スタイルに変更したと語りました。

■「苦労してんな」「アドリブだったのか」


松陰寺さんの告白を受け、ネットでは「苦労してんな 」「苦労した分、売れてよかったな」 「葬儀屋バイト再現Vつらすぎる見てられん見てるけど。ワイプの松陰寺さんの顔面蒼白な感じつらすぎる」と切々とした声が寄せられていました。

また、ノリツッコまない芸の誕生に対しては「発明の瞬間 」「アドリブだったのか」「発想が斬新で面白いもんね 」「売れていないのが悪いと戒めて、逆境をチャンスに変えた松陰寺さん本当かっこいいよ」と称賛の声が相次いでいます。

終始、神妙な面持ちでエピソードを語っていた松陰寺さん。今まで以上に応援したくなった視聴者は多そうです。

・合わせて読みたい→ぺこぱ松陰寺によせられた警告 「辞めた方が良い」と言われた原因は…

(文/fumumu編集部・汐入実花)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ