『紅白』ジャニーズだらけの“白組”に呆れ声「ネット配信でやって」

まいじつ

Snow Man 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『NHK』は11月16日、大みそかに生放送する『第71回紅白歌合戦』の出場歌手を発表した。白組における〝ジャニーズの出場者の多さ〟をめぐって、ネット上では物議を醸す声が多くあがっている。

紅組初出場は、2人組のメタルダンスユニット『BABYMETAL』や、オーディション番組から誕生した『NiziU』など6組。白組は、『香水』で大ブレークした瑛人のほか、今年デビューを果たした『ジャニーズ事務所』所属のアイドルグループ『SixTONES』『Snow Man』など3組が名を連ねた。今回の選出に際し、『Snow Man』岩本照は、「まさかデビューの年に出場させていただけるとは思わなかった」と喜びをにじませ、「ジャニーズ事務所」の滝沢秀明副社長からは、「紅白に出るということは、今年活躍したアーティストということ。おめでとう!」と祝福されたことを明かしている。

「今年いっぱいで活動休止をする『嵐』はもちろん、『King & Prince』や『Hay!Say!JUMP』など、ジャニーズからは合計7組のグループの出場が決定。今年の売り上げからして『SixTONES』『Snow Man』の出場は妥当とはいえ、白組21組のなか3分の1がジャニーズとなると、一般層からもファンからも〝待った〟をかける声が続出しています」(芸能ライター)

紅ジャニーズ歌合戦に…


実際に、ネット上では、

《半分ジャニーズのライブなのね》
《「ジャニーズ紅白歌合戦」を地上波じゃないにしろ、ネット配信でやったほうがジャニオタも一般の人もお互いにとってWin-Winになるのに》
《ジャニーズ祭り?(笑) もう、紅白の勝敗も不要だと思います》
《白組の約3割はジャニーズ所属という真実が痛い》
《ジャニーズは紅白出さないで、同じ時間帯にジャニーズだけで別に歌番組やれば良いじゃない》

などと不服を唱える声が多くあがっている。

「近年、NHKは出場者を小出しにしていくスタイルをとっており、今後も追加発表されることが予想されるため、結果〝ジャニーズ色〟もそこまで濃くはなくなると考えられます。ジャニーズが大手事務所かつ毎年出場しているからこそ、スケジュール調整が早かっただけでしょう」(芸能事務所関係者)

今後の出場者発表に期待したいところだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ