家の中を走り回っていたネズミ すると、突然雷が落ちて…?

grape

MIOMORI(@muku_mio)さんがTwitterに投稿した漫画に、反響が上がっています。

ファンシーラットのテンさんと暮らしている、投稿者さん。

ファンシーラットとは、病原菌などなくペットとして飼えるネズミのことです。人に慣れやすく、賢いネズミとして人気を集めています。

ある日、部屋を走り回って散歩をしていたテンさん。

すると、窓の外に雷が落ちるところを目撃し…。

なにごとだっ!?スッ…。

瞬時に投稿者さんの横に駆け寄って、ズボンの裾をつかんだテンさん。

「隣にご主人がいれば大丈夫だろう…」と思ったのかもしれません。

サッと裾をつかむ姿に投稿者さんは「私のことを相棒だと思っている」とコメント。

投稿には「かわいすぎる!」「私も掴まれたい!」「心がときめく」などの声が寄せられていました。

人間でも雷が苦手な人は多くいます。「誰かが隣にいると安心する」という気持ちは人間もネズミも変わらないようですね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @muku_mio

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ