どこまでなら喜ばれる?彼に嫌がられない「尽くし行動」

愛カツ


彼氏や、いい感じの関係になっている男性に対して、どこまで尽くしても大丈夫なのか、気になりませんか?

好きな相手にはついつい何でもやってあげたくなりますが、尽くしすぎると「うっとうしい」「重すぎる」などと思われそうで、心配ですよね。

そこで今回は、彼に嫌がられない「尽くし行動」を紹介します!恋愛で尽くしすぎてしまうタイプの女性は、参考にしてみてください。

どこまでなら喜ばれる?彼に嫌がられない「尽くし行動」

■ 彼のリクエストを叶える

彼に好かれる尽くし行動の大原則は、「必要とされていることをする」です。一番わかりやすいのは、彼のリクエストを叶えてあげることでしょう。

「彼女の手作り弁当って憧れるな」と言っていたのなら、お弁当を作ってピクニックデートに誘うなど、ストレートな方法でOK!

彼の好きな食べ物を入れる、凝った料理を入れるなど、工夫次第でたくさんの愛情を込められます。

確実に喜んでもらえるので、まずはここから始めましょう。

■ 約束した用事について調べる

すでに約束した用事について、事前に調べておいてあげるのも、喜ばれる尽くし行動。

たとえば「来週映画を観に行こう」と決めているのなら、評判のいい映画や、ちょうどいい時間帯に上映している映画を調べて教えてあげるのもいいですね。

「そういうのって男性がしてくれるんじゃない?」と思うかもしれませんが、そこまでスマートな男性って実はごく一部。

女性側が調べてあげることで、好意がアピールできるのはもちろん、「気の利く子だな」「しっかりしていて将来も考えられるな」と、長期的な視点でも高評価を得られますよ。

■ 困っているときに話を聞く

男性は女性に比べ、なかなか悩みを周囲に打ち明けることができません。

勇気を出して同性に相談しても「飲んで忘れよう」「なんとかなるよ」と、軽く流されてしまうことも多いため、モヤモヤを吐き出すことができずに一人で抱え込んでしまいやすいです。

そんなとき、彼女や親しい女性が「少し疲れてるように見えるけど、困ってることはない?」「なんでも聞くよ?」と声をかけてくれたら、嬉しいと感じる男性は多いでしょう。

彼のために尽くしたいと思うのであれば、必要とされているサインを見逃さないこと。

相手の些細な変化に気づき、適切なタイミングで手を差し伸ばすことが大切です。

■ その尽くし行動は彼のため?自分のため?

尽くしすぎな行動は、相手のためにやっているのではなく、自己満足のためにやっていることがほとんど。

「これって尽くしすぎかな?」と迷ったら、本当に相手が必要としていることなのか、嫌がる顔が少しでも想像できてしまわないか、冷静になって考えてみてください。

彼が喜ぶ尽くし行動を正しく見極めることができれば、今よりももっと仲を深めることができますよ!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ