ミニマリストの服選びの基準は? 年間を通して20着で十分な理由


ミニマリストとは、自分にとって必要な物だけに囲まれた、ミニマルな暮らしを行う人のことです。必要最小限の物だけで丁寧な暮らしを送ることが特徴で、その暮らしぶりに憧れる方も多いのではないでしょうか。

ミニマリストは、服に関しても厳選した数しか持たないようにしている方がほとんどです。ここでは、ミニマリストが持つ服の数や選ぶ際のポイントのほか、服を厳選することで得られるメリットをご紹介します。

ミニマリストは服を何着持っている?

ついつい増えてしまいがちな服ですが、ミニマリストの場合は、年間を通しても服は20着程度しか持っていないという方が多いでしょう。さらに、持たない暮らしを極めている方は、もっと服の数が少ないこともあります。

手持ちの服が少なくても、着回しを工夫することで十分おしゃれを楽しんでいるようです。
必要最小限の服しか持たないことで得られるメリットは?

服を最小限の数に絞ることには、さまざまなメリットがあります。ミニマリストが行っているポイントを押さえることで、少ない服でもファッションを楽しめるようになるでしょう。まずは、服を厳選することで得られるメリットを見ていきましょう。
○服選びが簡単になる

手持ちの服を必要最小限にすることで、クローゼットには厳選した好きな服だけが並びます。セール品でなんとなく買った物、サイズが合わなくなった物、いつか着るだろうと取っておいた物は一切なし。服の数が少ないため、コーディネートで迷う時間も少なくなるでしょう。

また、ある程度組み合わせも決まりますので、慌ただしい朝の時間を有効に使えます。
○服にかけるお金が減る

服の数が減ることで、クローゼットの中身をしっかり把握できるようになります。そうすれば、同じような物を買うのを防ぐことができるでしょう。また、本当に好きなアイテムしか選ばなくなるため、衝動買いをしなくなり、服にかけるお金を節約することが可能です。
○自分の好みがわかり、誘惑に負けなくなる

ミニマリストは、自分にとって必要な物、好きな物を考えながら買い物をするため、自分の好みがしっかりとわかるようになります。基準がしっかりあれば、「みんなが持っているから」「安いから」といった誘惑に惑わされず、自分の軸がぶれることがなくなるでしょう。

ミニマリストの洋服選びの基準

ミニマリストは、20着という少ない服でもコーディネートに困らないのは、着回しがきく物をそろえているからでしょう。ミニマリストが服を選ぶ際、どこを重視しているのか、そのポイントを見ていきましょう。
○着回しがきくベーシックな色や形を主軸にする

ミニマリストの服選びの基本は、色や形がシンプルで合わせやすいことです。ボトムスを選ぶときは、最低3着のトップスと合わせられるかを考えてみるのがおすすめです。柄物やトレンドの物は、多くても手持ちの服の2割程度に抑え、白や黒、ネイビー、ブラウンといった合わせやすい色合いで、シンプルな形の服を選びましょう。
○傷みにくい素材の物を選ぶ

手持ちの服が少ないと、着る頻度が上がることで、洗濯の回数も増えます。いくら好きな服だとしても、家で洗いづらい物やすぐに傷んでしまう繊細な素材の物は避けましょう。綿の服など、洗いやすく、傷みにくい素材の物を選ぶことをおすすめします。
○ジャンルを統一する

スタイリッシュやカジュアルなど、服のジャンルがまったく違うと、コーディネートが難しくなります。自分はどんなスタイルが好みで、どんな物が似合うのかを考えた上で、服のジャンルを統一するといいでしょう。
○今の体型に合った物を選ぶ

例えば、ダイエットに成功したら着ると決めて、何年もクローゼットに眠っている服はないでしょうか。ダイエットのモチベーションアップにつながるならいいのですが、そうでなければ手放すことをおすすめします。手持ちの服の数を絞るなら、今の自分に合う服を持つことを検討してみましょう。
○着られない服と着ない服は処分する

いくらお気に入りの服でも、着られなくなった物や、汚れ・傷みが激しい物は処分しましょう。また、1~2年程着ていない服は、今後も着る可能性がかなり低いです。

本当に取っておきたい服なのかを考えて、必要な物と不要な物を分け、不要な物は処分することをおすすめします。また、処分する際にまだ使える物の場合は、フリマアプリやリサイクルショップを利用しましょう。
○オールシーズン着られる物を選ぶ

コットンやコットンリネン、ウールなどの天然素材は、夏でも冬でも重ね着をすれば使えます。季節を選ばず使い回しができる物を選ぶと、物を減らしやすくなるでしょう。
○仕事用、プライベート用どちらでも使える物を選ぶ

仕事でもプライベートでも、どちらにも使える服は、ミニマリストの必需品です。例えば、女性ならワンピースやカーディガン、アンクルパンツなど、男性ならジャケット、スラックス、ドレスシャツ、ニットなどを仕事とプライベートで兼用すると、手持ちのアイテムをぐっと減らせます。

ミニマリストの服選びのコツを知って、着回しを工夫しよう

厳選した服しか持たないミニマリストは、服選びに困ることがなく、朝の時間を有効に使えるでしょう。自分が好きな物だけでコーディネートができるため、常に良い気分で過ごすことが可能です。

クローゼットの服を、今の自分にとって必要か不要か分けることから、ミニマリストの暮らしを始めてみてはいかがでしょうか。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ