ケンタッキーの部位ごとの特徴・見分け方 - 注文時に指定も可能?


ケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」は定期的に食べたくなってしまう、魅惑の味ですよね。オリジナルチキンは、1939年にカーネル氏によって作られて以来、世界中の人たちに愛されてきました。日本では1970年に1号店がオープン。それ以来各地に広がり、今では子供から大人まで多くの日本人にも愛されています。

そんなケンタッキーの「オリジナルチキン」にはいろいろな部位があることをご存知ですか? 例えば手羽元や手羽先がわかる方は多いとは思いますが、それ以外は知らずになんとなく食べていた方も多いかもしれません。

ここからは、オリジナルチキンに使われている5種類の部位を解説していきます。どんな部位があるか知っていると、お気に入りの部位を指定できる可能性もあるかもしれません。

ケンタッキーの部位の種類

ケンタッキーフライドチキンで販売中の定番商品「オリジナルチキン」の部位は、キール(胸)、ウイング(手羽)、リブ(あばら)、サイ(腰)、ドラム(脚)の5種です。

オリジナルチキンは、クリスマスの定番としても人気です。しかし、多くの部位が広く知られている焼き鳥や焼き肉とは違い、フライドチキンの部位名を挙げられる人はなかなかいません。もしこの時点で知っている方がいるとしたら、かなりの鶏肉好きかケンタッキー通の方でしょう。

部位によって骨の付き方や食べやすさ、さらにはあっさりさ、ジューシーさなども異なります。ここでは、オリジナルチキンチキンの部位ごとに特徴を紹介します。自分の好きな部位を見つけ、よりオリジナルチキンを楽しみましょう。
キール(胸)の特徴・見分け方

キールは普段聞き慣れない名前ですが、一般的には唐揚げなどの鶏肉料理でも親しまれている「鶏胸肉」のことです。とてもあっさりした味わいでオリジナルチキンの部位の中でも、一番脂が少ないのでさっぱりと食べられます。

キールは見た目が丸っぽく、柔らかい軟骨がついています。軟骨好きのファンが多く、硬い骨がないので子供でも食べやすいのが特徴です。

ウイング(手羽)の特徴・見分け方

チキンウイングと聞けば馴染みがある方も多いかもしれません。ウイングは英語で羽といい、部位は「手羽先」になります。

1羽からたった2つしか取れないお肉なので、かなりレアな部位ともいえるでしょう。コラーゲンがたっぷり含まれていて、女性にも好まれる部位です。筋肉が発達した羽の部分ですが、しっとりした食感とジューシーさが特徴で子どもだけではなく大人も食べやすいです。

他の部位に比べて小ぶりなため、食べる部分が少ないと思われがちですが、羽の部分だけではなく胸肉もくっついているので割と食べ応えがあり、あっさりさとしっとりさのバランスの取れた部位といえます。

リブ(あばら)の特徴・見分け方

リブとはあばらの肉を意味します。例えばBBQやステーキハウスなどで「〇〇のスペアリブ」というメニューを注文したことはありませんか?このスペアリブに使われているお肉がまさにあばら肉なんです。

あばら骨の周りには旨味のあるお肉がたっぷりとついています。しかも、胸肉の一部でもあるので低脂肪で高タンパクなのも嬉しいポイントです。

サイ(腰)の特徴・見分け方

サイとは、腰回りの大きめな三角形の部位です。オリジナルチキンを何度か購入した経験がある方は、サイを食べたことがある方も多いでしょう。味はこってりで肉厚、ケンタッキーファンにも人気の部位です。オリジナルチキンの中でも、脂肪が多く一番ジューシーな部位といっても過言ではないでしょう。

ドラム(脚)の特徴・見分け方

最後はドラム、脚のお肉で日本語では「手羽元」とも呼ばれています。フライドチキンと聞いて一般的に一番に思い浮かぶのは、おそらくドラムかもしれません。この部位は脚の骨の部分を持ち手にして食べられるので、お子さんでも持ちやすくどなたにも食べやすい部位ではないでしょうか。

注文時に部位の指定はできるのか?

部位を知ったところで、果たして注文時に指定はできるのでしょうか。ケンタッキーフライドチキンの公式ホームページによると、チキンの部位指定の質問に関して下記のように記載されています。

ケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」は、KFC登録飼育農場で育てられたハーブ鶏(※)のおいしさをそのままお届けするため、カットした形のまま調理しておりますので部位によって形が異なりますが、どのお客様にも公平に商品をご提供できるよう、組み合わせを決めさせていただいております。
パーツのご指定につきましては、上記の通り、商品の特性上、原則お断り申し上げておりますが、その時の調理状況によりましては、「サイ(腰)」を除く部位において、少数であればご要望にお応えできる場合もあります。
ただし、お受けできる場合も、お待たせすることやご要望のすべてにはお応えできない場合もありますのでご了承願います。”

原則お断りのようですが、調理状況によって部位の指定をすることはできないとのこと。しかし、部位によっては対応できることもあるようです。次に、部位ごとの料金の違いや、注文時のちょっとしたコツをご紹介します。
○部位ごとの料金の違いは?

部位ごとに料金は変わりません。また、注文時に部位を指定することで追加料金が発生することもありません。オリジナルチキンを複数注文した場合は、スタッフの方が部位のバランスを考えて入れてくれるため、値段も公平になっています。
○注文時のコツ「1本だけ買う」

自分のお気に入りの部位だけ食べたいとき「1本だけ買う」のもおすすめです。1本だけならスタッフの方も選ぶのが大変ではないので、部位の在庫があるかぎりはリクエストに応えてくれる可能性があります。反対に、何本も注文して「すべてをドラムで」「全部サイにしてください」と言うのは、他のお客様との兼ね合いもあり難しいでしょう。
○注文時のコツ「好みを伝える」

複数のチキンすべてを1つの部位で指定するのは、部位の数に限りがあるので難しいかもしれません。しかし、2、3種類自分の好みを伝えることは可能です。

例えば「キール、リブ、ドラムが好みです」と伝えた場合、そのうちのどれかを入れてくれる可能性は上がります。3つ以上の注文の場合すべて入れてくれる可能性もゼロではありません。

リクエストが叶う保証はないものの、言ってみるだけなら無料です。好みを伝えることで損することはないので、お気に入りの部位を食べたい場合は自分の好みを伝えてみましょう。

***

今回はオリジナルチキンに使われている5種類の部位について紹介しました。お気に入りの部位がまだわからない方は、食べながらぜひ自分の好みの部位を探してみてくださいね。どこを食べているか特徴を知っているだけで、よりチキンをおいしく感じると思います。また、あなたが友人と一緒にケンタッキーに行ったときなど、豆知識として部位を解説してあげるとさらにおいしく食べてもらえるはずです。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ