企画力を向上させるには? ビジネスパーソンに必須な力の鍛え方


「企画力」とは広義に、課題や不満を見つけ解決する方法とそのプロセスを導き出す力と言えます。そしてその課題や不満とは決して目に見えるものだけに限りません。「なんとなくこうならいいのに」という漠然とした課題を想定し、その課題を解決するための力が、企画力です。

本記事では、営業担当者、マーケター、編集者など、多くのビジネスパーソンに求められる企画力を向上させる方法を紹介します。

企画力を向上させる方法

ここからは、企画力を向上させる具体的な方法をご紹介します。企画力を発揮して今の業務に活用していきましょう。
○インプット・アウトプットを大量に行う

意識的にインプット・アウトプットの機会を増やしましょう。

インプットのためには、読書や人とのふれあいから今まで知らなかった情報を得るのがよいでしょう。自分の知らない世界には多くの刺激があり、その情報が新たな企画のヒントになります。時には、いつもとは違う分野の本を読んだり、いつもは会わないような人と積極的に会ったりすることで、知見を広げることができます。

また、インプットした情報は活用しないことには身につきません。そのため、知識を得たらメモにまとめたり誰かに伝えたり、実際に企画を考えてみたりしてアウトプットする習慣をつけましょう。普段からアウトプットを心掛けると、何気ない出来事を企画に応用する力がついてきます。
○情報をアレンジする

こでまでに得た情報を時代にマッチさせたり未来を見据えてアレンジしたりすることで、個性的な企画を生み出すことができます。過去に作成された企画や情報を確認することも新たな企画を生み出すヒントになるでしょう。

企画力をつけるための視点の変え方

ここからは、企画力をつけるための視点の変え方をご紹介します。業界の常識や社内の先入観を捨てて違う角度から考えることは、企画をするために欠かせない要素です。
○置き換えてみる

物事の順番や要素を別分野のものに置き換えてみることで、新たな企画が生まれることがあります。これまでの方法を分解し、順番を入れ替えたり、他分野の要素と置き換えたりすることで、思いもよらない発見があるでしょう。
○組み合わせてみる

商品やサービスの要素だけでなく仕事のやり方を組み合わせてみると、魅力ある企画のヒントになるでしょう。例えば、携帯電話にカメラ機能をつけたように、企画アイデアの多くは2つの要素を組み合わせたものがたくさんあります。
○代用してみる

今の要素や方法を違うもので代用することで、新たな価値を生み出す可能性が高まるでしょう。既存の商品やサービスを他の方や場所へ代用するという考え方も、新しい企画のヒントになることがあります。

***

企画力とは課題や不満を見つけ解決策とそのプロセスを導く力のことです。予測困難な現代であっても、企画力を向上させていけば新たな価値を生み出すことも可能でしょう。また、ささいな日常の中にたくさんのヒントを見つけられるようになる可能性もあります。

ご紹介した方法と視点の変え方を少しずつ習慣化していき、企画力を向上させていきましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ