手書き文字が「映える」!手帳をオシャレに使う方法って?

Sheage


新年が近づき、手帳を新調しようとしている方も多いはず。せっかくなら、開くたびに楽しい気分になれるように予定や日記を書き込みたいですよね。そこでおすすめなのが『大人かわいい手帳&ノートの書き方』の本。筆やペンでおしゃれな文字やイラストをつづり、手帳を素敵に彩るアイデアを紹介しています。

モダンカリグラフィーの技を手帳に活用しよう


photo
出典:https://sheage.jp/article/66765

スマートフォンのカレンダーやアラーム機能は便利ですが、やはりアナログの手帳が好きだという方も多いのではないでしょうか?パッと開いて一目で予定を確認できたり、思ったことをサッと書き入れられたりするほうがスムーズということもありますよね。

ただ、文字ばかりが並んでいると見づらく感じたり、逆に空白が多いと充実感が得られなくなってしまったり、ちょっとした悩みが出てくることも。

そんなときにきっと参考になるのが、『大人かわいい手帳&ノートの書き方』です。こちらは、書道やモダンカリグラフィーを用いて商品開発などを行う島野真希さんの本。モダンカリグラフィーの技術で素敵に文字を書き入れたり、イラストやテープでデコレーションしたりするアイデアを掲載しています。

photo
出典:https://sheage.jp/article/66765

カリグラフィー(Calligraphy)とは、古代ヨーロッパで生まれた文字を美しく見せる手法。現地ではグリーティングカードや名刺、看板などに用いられ、人々に親しまれています。

伝統的なものは文字の高低差や傾斜が細かく決められていますが、モダンカリグラフィーはそのルールを基盤にしつつ、書く人の個性を表現できるもの。手書きならではの温かみとロゴマークのようなおしゃれな雰囲気を兼ね備えていて、普段の手帳やノートに加えればぐっと新鮮になりますよ。

本では、その基本の書き方を伝授。タイトルに使える読みやすいデザインや、アイコンとしても使えるイラストを組み合わせたデザインも豊富に掲載しています。

文字やイラスト、デコレーションで手帳が楽しく華やかに


photo
出典:https://sheage.jp/article/66765

カラフルなペンを使い、モダンカリグラフィーで予定を書き入れば、文字だけでも明るい雰囲気のページに。何色で、どんな書体とバランスで書くか、考えて手を動かす時間もワクワクし、眺めるたびにモチベーションが上がりそう。

photo
出典:https://sheage.jp/article/66765

モダンカリグラフィーだけではなく、普通のペンで書けるハンドレタリングの方法も紹介されています。さらに飾り枠の書き方やカラーペンでの色の付け方、マスキングテープでのデコレーションの仕方などさまざまなアイデアがいっぱいです。好きな方法でページを飾っていけば、予定をたくさん書き込まなくても華やかに。続けていけば、自分だけのオリジナルの手帳ができあがっていきます。

旅などの記録もより心に残るものに


photo
出典:https://sheage.jp/article/66765

旅行やお出かけの記録も、写真のまわりをカリグラフィーなどで飾りながら綴れば、その日野思い出や光景がより鮮明に蘇りそう。手帳のメモページはもちろん、アルバムやメッセージカードなどにも活用してみてはいかがでしょうか?

手帳に記す予定や日記をぐっと素敵にできる『大人かわいい手帳&ノートの書き方』。来年の手帳を楽しく使えるよう、ぜひチェックしてみてください。

writer / 凪
 photo / 世界文化社

取材協力

モダンカリグラフィーで毎日が楽しくなる
大人かわいい手帳&ノートの書き方
刊行:世界文化社
定価:1,300円(税別)
https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/20217.html

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ