戸塚祥太(A.B.C-Z)が殺陣とダンスカンタービレで魅せる 舞台『未来記の番人』の上演が決定

SPICE



2021年3月12日(金)~21日(日)新橋演舞場にて、舞台『未来記の番人』の上演が決定した。

原作は、「緒方洪庵・浪華の事件帳」シリーズなどで人気を博す築山桂の書き下ろし時代小説で、今回が初の舞台化。聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で様々な人と出会い成長していく姿を、史実を織り交ぜながらダイナミックに描いた作品となる。

主演は戸塚祥太(A.B.C-Z)。戸塚はこれまで、『熱海殺人事件』『出発』『広島に原爆を落とす日』『寝取られ宗介』に出演し、熱いエネルギーで客席を魅了してきた。本作では、千里眼の異能を持つ主人公・千里丸を演じ、本格的な時代劇で刀を使った殺陣、およびダンスカンタービレに挑戦する。

他の出演に、異能を持つ謎の少女・ 紅羽に惣田紗莉渚(SKE48)、千里丸の兄貴分で共に旅をする早瀬士郎左に松田悟志、紅羽の兄で人々の動きを止める能力を持つ銅吹き職人・巽に冨岡健翔(ジャニーズJr.)、天海大僧正に笠原章、四天王寺執行長・道啓に勝野洋、豪商・泉屋理兵衛に渋谷天外という豪華キャストが揃った。

戸塚の新境地となる舞台、青春時代活劇エンターテインメントに期待が高まる。なお、本公演は、愛知、福岡、大阪での上演も予定している。

戸塚祥太(A.B.C-Z)コメント


この度、舞台『未来記の番人』で主演の千里丸役をつとめさせていただくことになりました。千里丸は命令に絶対服従の忍者ですが、様々な人と出逢い、何のために自分は生かされているのかを悩み成長していきます。改めて自分自身と重ね合わせて生かされていることの大切さを考えられる作品になればと思っています。

また、刀を使用した本格的な殺陣は初挑戦となりますので、しっかりと稽古をし、青春時代活劇エンターテインメントということで、殺陣だけでなくダンスカンタービレも大きな見どころです。ぜひ、傷つきながらも戦い、踊り続ける姿にご期待ください。ジャニーズJr. の頃から舞台に立たせていただき、20 代で初の単独主演舞台をさせていただいた思い出の新橋演舞場、そして大阪松竹座で 30 代でも主演させていただくことにとても縁を感じています。そしてジャニーズ Jr. 、 20 代、 30 代と、少しでも成長した姿を見せられるよう、全力を尽くして 参ります。

新型コロナウイルス対策を万全にした上で、さらに 名古屋、福岡でも公演をいたしますが、この逼塞した世の中で一人でも多くの皆さんがエンターテインメントを通して元気に、笑顔になれるよう、キャストとスタッフ一丸となって素晴らしい舞台をお届けいたします!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ