『さんまのお笑い向上委員会』演出・中川将史氏がスタジオで感じる“戦場”と“愛”


●“おさわりせずに帰す”がない
注目を集めるテレビ番組のディレクター、プロデューサー、放送作家、脚本家たちを、プロフェッショナルとしての尊敬の念を込めて“テレビ屋”と呼び、作り手の素顔を通して、番組の面白さを探っていく連載インタビュー「テレビ屋の声」。今回の“テレビ屋”は、フジテレビ『さんまのお笑い向上委員会』『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』で演出を務める中川将史氏だ。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』を長年担当し、現在もお笑い純度の高い番組を手がける同氏。明石家さんま、とんねるずから“第7世代”まで、様々な芸人たちを見続けて感じることとは――。

○■とんねるず班とダウンタウン班の関係

――当連載に前回登場した放送作家の高須光聖さんが、中川さんについて「(自分とは遠い)とんねるず班にいたんですけど、笑いの共通言語をたくさん持っていたし、ディレクターなのに作家っぽい力もあって、『こういう人がフジテレビにまだいるんだ!』と思った」とおっしゃっていました。

高須さんにそう言っていただけるのはすごく光栄です。もちろん昔からお名前とお顔は存じ上げていたんですけど、たぶんお話しする機会は一生ないんだろうなと思っていたんです。僕は長くとんねるずさんの番組に携わらせてもらっていて、高須さんはダウンタウンさんに近い方なので勝手にそう思ってたんですけど、『ドッキリGP』でいざ一緒になってみると、同じ部分で面白がっているなあということが多々あって。たしかに高須さんのおっしゃるとおり、共通言語というのはあるような気がしますね。僕みたいな後輩が言うのもおこがましいですが(笑)

――とんねるずさんのチームとダウンタウンさんのチームは、やはり一緒にならないだろうなという感覚があったんですね。

たぶん単純にそれぞれの番組が長く続いていたので、スタッフ同士の交流がたまたまなかっただけなんだと思います。だから僕はずっと、「高須さんてどんな方なのかなあ、いつかお会いしてみたいなあ」って、遠い外国の方への憧れみたいな感じで(笑)
○■収録後は汗だくで帰るさんま

――『さんまのお笑い向上委員会』のお話から伺っていきたいのですが、本当にカオスなスタジオで(笑)、どこまで事前に決まっているものなのでしょうか?

台本どおりにやる番組ではないので、ガチガチに決まっているわけではありません。芸人さんが思っていること、やりたいことを事前の打ち合わせで聞き出して、それを「クレーム」というカタチで用意しておく…くらいの感じなんです。あとは芸人さんの力を信じてただ笑っているだけみたいな(笑)。僕らスタッフは、いかに芸人さんが力を発揮できる場を作るかが仕事、という感じです。

――収録の流れで、用意していた「クレーム」が飛んでしまうこともあるんですか?

ほぼないですね。「クレーム」って、言う方も言われる方も、芸人さんたちのいわば“見せ場”じゃないですか。だからさんまさんは「何かクレームがあんねんな?」って、ちゃんとやらせてくれます。

ここがさんまさんの素晴らしいところだと思うんですけど、スタジオにいる芸人さん全員を、必ず打席に立たせてあげようとするんです。だから芸人さんたちの見せ場であるクレームはちゃんとやる。もっと言うと、来た芸人さんを1回もしゃべらせずに収録が終わる…いわゆる“おさわりせずに帰す”ということがないんですよね。

――それはゲストの芸人さんだけでなく、ひな壇の芸人さんたちもですか?

はい、全員です。よく冒頭で「今日はいっぱいさわらなあかんなあ」と言ってますが、僕は勝手に、芸人さんへの愛だと思っています。あとは単純に、芸人さんたちがどんな面白いことを言ってくれるのかを楽しみにしてる…というのもあるかも知れませんが(笑)

そこでもうひとつ、さわりっぱなしで終わらないんですよ。さわったからには絶対に面白くする。ツッコミだったり、ノッてあげたり、広げたり…。何かしらの形で必ず笑いにして終わるというのは、さんまさんならではだと思います。

――そういった芸人さんへの愛というのは、番組でおばたのお兄さんや安藤なつさんの“結婚披露宴”をやってあげるというのも、象徴的だと思います。

僕はおばたのお兄さんの回を担当したんですが、収録中その場で出たやりとりから実現したものなんです。おばたのお兄さんはもともとモニター横芸人(=番組をどうしても見学したいとノーギャラで参加している芸人)だったので、そこへの愛情もあるんでしょうけど、「まだ結婚式をやってない」と聞いた途端、「だったらここでやったらええがな」って。そのままあれよあれよとやることになりました。

――とは言え、“戦場”と呼ばれる現場ですから、緊張感もすごいのでは。

それはありますね。芸人さんの中では「前の日に寝れなかった」とか「昨日からずっと吐きそう」という人もいますし、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)さんなんかは「前後2週間はスランプになる」って言ってますし。さんまさん自身も、収録が終わると汗びっしょりで帰っていくので、芸人さんたちにとってはやっぱり“戦場”なんだと思いますね。

――いつも収録の冒頭では、スキャンダルのあった方を容赦なくイジっていきますよね。

芸人さんがたくさんいますから、毎週やっていればいろいろあるわけで。旬な話題の当事者がスタジオにいると、さんまさんは遠慮なく切り込んで行かれるんですが…ただ、「本当はどうだったとかはいらんねん」って言うんですよ。

――真相を求めていない。

普通だったら「アレ本当のとこ教えて?」ってなると思うんですけど、さんまさんは「ホントのことはいいから面白い方で」って(笑)。真実うんぬんより、ただおもしろ回答だったらいいと(笑)。これは、さんまさん以外で聞いたことがないですね。よく陣内さんとかには「MCちゃんとして!」って怒られてますが(笑)

○■さんま×新しい世代の化学反応を意識

――制作側として、特に意識されていることはなんでしょうか?

最近は若い世代をさんまさんにぶつけてみるというのを意識してますね。ぺこぱさんとか、コウテイさんとか、「今が旬だぞ」っていう人たちをなるべく早くさんまさんにさわってもらって、新しい化学反応を見てみたいなと。以前、EXITさんにも来てもらったんですけど、兼近(大樹)さんがさんまさんをいきなり「おしゃべりシーフード」って呼び出して…。あと、「さんまさん面白いから、今年ブレークしますよ!」って。そんなこと言う人、今までいなかったじゃないですか(笑)。それが面白いなと。

――第7世代の人は、この番組に対するプレッシャーの感じ方がちょっと違いますか?

そうですね。いい意味で肩の力が抜けているなという感じがします。さんまさんの方も若い世代に興味があるのか、ぼる塾さんとすぐにお笑い定食(=パターン) を作ったり、チョコプラさんと一緒に「TT兄弟」をやったり、全部受け止めてくれる。だから、若い芸人さんもどんどんさんまさんにぶつかって行ける。そういう意味では、今までにない化学反応が生まれるので、さんまさんと新しい世代が出会う場をどんどん作って行こうと意識しています。

――大勢の芸人さんたちによるワチャワチャのやり取りが売りの番組にとって、コロナの緊急事態宣言は大きなピンチだったと思うのですが、2階建てでひな壇を作られたときは驚きました。

あれは総合演出の池田(哲也)Dのアイデアなんですけど、なんとかコロナ禍でもみんなで集まれないかと模索した結果なんです。今までのひな壇と比べたらもちろんしゃべりにくいんですけど、それでもさんまさんには「笑いの現場はリモートではなく直接集まりたい!」という思いがあったようで…。それに、2階建てセットを利用した笑いも生まれましたし、やってよかったなと。

今でも演者さん同士の距離感は制限があるのでやりづらい部分はありますが、そんな中でも芸人の皆さんはあの手この手で笑いを作ってくれています。鬼越トマホークさんは取っ組み合う代わりにアクリル板をバンバン叩いてケンカしたり、魔王(ザブングル・加藤歩)が透明のアクリルボックスに入って登場したり。さんまさんも、自分のことを鬼滅の刃に例えて“飛沫の刃”と言ったり(笑)。どんな困難な状況でも、笑いに変えていく芸人さんたちの力にいつも感心しています。

●ダメ元でOKだった菊池風磨の全裸ドッキリ

―――『ドッキリGP』では、「秒でドッキリ」をご担当されていますが、仕掛けた回数はものすごい数になっていますよね。

レギュラーになって2年になりますが、この間計算したら、僕だけで延べ500人くらいに仕掛けていました(笑)。最初は半年でネタが尽きるんじゃないかと思っていたので、よく続いているなと思いますね。

――その中でも、特に手応えのあったドッキリは何ですか?

シソンヌの長谷川(忍)さんに、自分では外せないダース・ベイダーのマスクをかぶせて、パンツ一丁で楽屋に放置する…というドッキリです。僕は別室でモニタリングしていたんですが、楽屋から出るに出られず困り果てる長谷川さんの様子に、自分でも呼吸困難になるくらい笑いました。タイミングを見て、長谷川さんのマスクから出る声をダース・ベイダー風ボイスに変えるんですけど、もうボタンを押す手が震えちゃって(笑)。あれは、ここ数年で一番笑いました。

――それだけ最高のネタだったのに、仕掛けたのは長谷川さんだけですよね?

「秒でドッキリ」ってだいたい1つのネタを複数人にかけていくスタイルなんですけど、あれに関してはもう完結かなと。長谷川さんを超えられないと思ってるので、僕の中で殿堂入りにしました。残念ですがあのネタは永久欠番です(笑)

あともう1つ、菊池風磨さん(Sexy Zone)を全裸にしたドッキリも、世の中の反響はものすごかったです。「シャワー中に天井からオバケが出てくる」というものなんですが、ジャニーズさんの人気アイドルだし、絶対許可してくれないだろうなと思いながらも、ダメ元で提案してみたら意外にもOKが出て…男気ある事務所ですよね(笑)。おかげで、前代未聞のジャニーズ全裸ドッキリの夢がかないました。彼自身も、オンエアの反響がめちゃくちゃ良いみたいで、「おじさん世代からの好感度が上がったんですよ」って、喜んでました(笑)

――全裸からの「許せない!!」という名言が生まれました。

風磨さんの返しのスピード感とかワードセンスがすごく良くて。だから「許せない!!」とか名言が出てくる(笑)。すごく才能のある方だと思います。だから名言をもう一度聞きたくて、半年後に「泳いでいると水着が溶けて全裸になる」っていうドッキリをやっちゃいました(笑)。また「許せない!!」って叫んでましたね。またどこかで、すごいのをやりたいなと思います。本人は絶対イヤでしょうけど(笑)
○■『向上委員会』×『ドッキリGP』の相乗効果

――こういった仕掛けの構成を考える会議は楽しいですか?

今まで、番組の会議が楽しくない経験ってあまりないんですけど、特に『ドッキリGP』は楽しいです。芸能人の方が考えたアイデアを元に、どうやったら騙せるか、どんなシチュエーションで、誰にどうかけたら一番面白いのかというのを、爆笑しながら会議しています。文化祭ノリみたいな感じですかね。

――ワタリ119さんは『向上委員会』で“モニター横芸人”として活躍されて、『ドッキリGP』でも驚かされる系のドッキリを何度も受けて、中川さんが担当する両方の番組で活躍されていますよね。

『向上委員会』での感じを見ていて、ドッキリにかけたら面白そうだなと思ってやってみたんです。それがうまくハマって(笑)。めちゃくちゃビビリなので、いつも大絶叫してますね。ほかにも、プラス・マイナスの岩橋(良昌)さんやオラキオさんとか、『向上委員会』でいいなと思って『ドッキリGP』で仕掛ける芸人さんたちもいます。両方の番組をやっていることで、そういう相乗効果もありますね。

――『向上委員会』は芸人さんの情報の宝庫ですもんね。

打ち合わせで直接話したり、スタジオでの感じを見ていると、「こんな反応をするんだな」「こういう返しができる人なんだな」とか、感じが分かってくるんです。ただ、『ドッキリGP』に持ってくるのが多いので、『向上委員会』になかなかお返しができてないんですけど(笑)

●とんねるずに鍛えられた「対応力」

――長年『とんねるずのみなさんのおかげでした』を担当されていましたが、ここで学んだことや今生かしていることなどはありますか?

ドッキリに関しては、『みなさん』でもドッキリの企画をよく担当していたので、ノウハウはたくさん学べましたね。他にも、ものまね、ゲーム、トーク、コントまで、何でもやる番組だったので、あらゆるジャンルの企画を経験できたと思います。だから、企画の見せ方、準備の仕方、演出手法…などなど、全然違う種類の番組の、作り方のいろはを幅広く学ぶことができて、それが今すごく役立っています。

――改めて、とんねるずさんのすごいところは、どんなところでしょうか?

お2人は天才すぎていろいろありますが…やっぱり瞬間的に面白いことをつかまえる「嗅覚」と、圧倒的な「自由さ」には感動しますね。お2人が「ココ面白い!」と思った瞬間、もう台本も段取りも関係なく突き進んで、めちゃくちゃなことが多くて。だから、こっちが最初に予定していたことと180度違う話になっていることなんて日常茶飯事で。でも、そっちの方が圧倒的に面白いんです(笑)

そのおかげで、「対応力」は鍛えられたと思います。いつも内容が変わっていくので、尋常じゃないほど集中していなければならないし、常に頭をフル回転させておかなければならない。「全然予定と違う…さあどうしよう?」というのを、一瞬で対応しなきゃならないので。さらに、対応を間違えると「違うだろ」ってその場で怒られるので、もう超プレッシャーですよ(笑)。でも、それを乗り越えたときは最高の結果が待っていて…本当にいい経験をさせていただきました。
○■今こそフジテレビに総合バラエティを

――今後こういう企画や番組を作っていきたいというものはありますか?

僕は結構飽きっぽくて、決まったことをルーティーンでやるのがあまり好きじゃないみたいで…。同じコーナーとか、3回もやると、もう違うことをやりたくなっちゃうんです。なので、いろんなことができる“箱”みたいな番組がまたやりたいですね。やっぱり育ちが“総合バラエティ”だからというのもあると思うんですけど、今まではとんねるずさんというスーパースターとやらせていただきましたが、僕も年齢が上がってきたので、今度は同世代とか若い人たちと、思いついたことをすぐ実現できる、何でもできる“箱”がほしいなと思うんです。

――『みなさん』『めちゃイケ』が終了して、フジテレビに今“総合バラエティ”と言われる番組がない状況ですが、ここに来てキー特性(13~49歳個人視聴率)の重視や、各局でお笑い番組が盛り上がってきているところで、立ち上げるチャンスは出てきているように感じますか?

そうですね、やりやすくはなってきてるなと思います。若い芸人さんたちの中にも、そういう番組を渇望している人たちはたくさんいると思うので、今の風潮はすごく大歓迎ですね。あとやはり、フジテレビにはそういう番組が必要だと思いますし。

――コロナという状況で芸能人の皆さんがYouTubeを始めたり、ネットの動画配信視聴も増えてきたりしている中で、地上波テレビの役割というのはどのように捉えていますか?

個人的には、今「共通の話題が減ってきているのかな」と感じています。僕は学生時代、朝クラスで話す内容って、前の日に見たテレビ番組のことでした。でも今は、テレビ以外にも見るものがたくさんあふれているので、「昨日のあれ見た?」という会話が成立しにくくなっているのかなと。さらにバラエティで言うと、パロディとかものまねとか、時事ネタとか、皆が知っている前提で成り立っているものが伝わりづらくなっている。すると、家族みんなで一緒に笑えること、仲間と一緒に盛り上がれることがどんどん減っていくんじゃないかと。これはすごくかなしいなと。

――他局の話で恐縮ですが、『半沢直樹』(TBS)なんて、みんなが知ってるテレビ番組の最たる例になりましたよね。

まさにそうです。『向上委員会』で、総合演出の池田Dがアバン(=オープニング映像)で、早速『半沢直樹』のパロディをやっていましたが、あれは世の中みんなが「あ、半沢だ」って分かるから成立しているわけで。ちなみに池田Dとは同い年で、お互い『ドラゴンクエスト』世代なんですけど、ザブングルの加藤さんを番組で「魔王」と呼ぼうってなったときに、2人ともすぐ『ドラクエIII』の曲をかけようと。しかも、最後の敵の「大魔王ゾーマ」の曲しかないだろうと(笑)。これはもう、僕ら世代の中では“みんなが知っていること”という認識なんですね。絶対に伝わるでしょ、と。

だから僕はテレビをもう一度、「みんなが見ているもの」にしたいんです。何十年後に「あの時ああだったよな」ってみんなが同じ思い出で話せるような。そのためには、皆さんに見てもらえるような、絶対に面白いものを作り続けなくてはならないんですが、“みんなで一緒に話せるモノ”を守るのがテレビの役割なのかなと勝手に思っています。…まあ、今テレビじゃなくてゲームで例えちゃいましたけど(笑)
○■「まずこっちが面白がろう」と意識

――ご自身が影響を受けた番組を挙げるとすると、何ですか?

やっぱり子供の頃から見ていた『とんねるずのみなさんのおかげです(した)』ですね。僕自身携わらせてもらったというのもありますが、一番影響を受けたと思います。

僕はこの番組を、「テレビで初めて遊び始めた番組」だと勝手に思っていて、それこそ面白いと思ったらノリだけで本当に何でもやっちゃった番組だと。とんねるずさんのキャラクターもあると思うんですけど、仮面ノリダーの歌で「赤字なのにマウイに行っちゃった」とか歌詞にして自分たちの制作体制をイジっちゃうとか、スタッフも面白いから出しちゃえって感じとか(笑)。それがエスカレートして、美術スタッフ集めて“野猿”というグループを作ってCDデビューさせちゃったり。いち視聴者の時から「なんて楽しそうな仕事だろう」と(笑)

――その番組に配属されて、本望だったんですね。

僕がテレビを目指したきっかけが『みなさん』で、小学生のときから、こんな番組をやるためにフジテレビに入りたいなと。だから入社3年目に『みなさん』に配属になったときはうれしかったですね。石田(弘)EPを見て「あ、生ダーイシだ!」とか。まさかそれから14年もいることになるとは思わなかったですけど(笑)

そして僕自身が作る側になった今、番組を作るときは「まずこっちが面白がろう」と意識しています。作り手が面白がってないものは、見ている側も面白くないはずだなと。その「みなさんイズム」…と言っていいかわかりませんが、それは常に思っています。

――いろいろお話を聞かせていただき、ありがとうございました。最後に、気になっている“テレビ屋”をお伺いしたいのですが…

『みなさん』で一緒だったマッコイ斉藤さんですね。もう天才的に面白いディレクターで、本当に1から育ててもらいました。最初は毎日めちゃくちゃ怒られていたんですが、『みなさん』が終わるとき、普段そんなこと言わないのに急に「おまえは俺の最後の弟子だな』って言ってくれて…ちょっと泣きそうになりました(笑)。僕の永遠の師匠です。

今でも(石橋)貴明さんのYouTubeを仕掛けたりと常に新しいことにチャレンジしていて、演者からの絶大な信頼感と、面白いことへの嗅覚、そしてその面白いものを面白く見せる力がものすごい人だと思っています。

次回の“テレビ屋”は…

『貴ちゃんねるず』マッコイ斉藤氏

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ