「イヤホンが使えない!」鼻の美容整形手術で耳の思わぬ箇所を切除された女性(中国)

中国で鼻の美容整形手術を受けた女性が、施術したクリニックを相手取り損害賠償を求めている。彼女は美しい鼻を手に入れた代わりに、片耳の形状を変えられたことでワイヤレスイヤホンが使えない状態になってしまったのだ。『The Sun』『LADbible』などが伝えた。

中国・四川省成都市で今年9月に鼻の美容整形手術を受けたジャオさん(Zhao、31)という女性が、美容外科クリニックの対応に不満があるとして地元メディアを通じて訴えている。ジャオさんによると、鼻の手術を行ったクリニックが彼女の承諾なしに鼻に埋めこむ軟骨を耳の目立つ箇所から摘出したため耳の形状が変わってしまったという。

手術は朝の9時から正午頃まで続いたが、手術が無事終わった後に麻酔から気分良く目覚めたジャオさんは、新しく手に入れた美しい鼻に満足していたようだ。

しかし手術を受けてから4日後に何気なくワイヤレスイヤホンを装着したところ、右耳にイヤホンがフィットせずポロリと落ちてしまった。何度か装着するもすぐに外れてしまうため自分の耳を確認したところ、外耳道の入り口にあるはずの突起状の耳珠(じじゅ)が切除されて無くなっていることに気づいた。

ジャオさんは手術の際に鼻に埋め込む軟骨を目立たない耳の裏側から摘出するものと思っていたが、同クリニックは耳の目立つ箇所にある耳珠を切除してしまったのだ。ジャオさんはすぐにクリニックに連絡し、自分の耳の写真を送った。

するとクリニックの代表から「これは通常の対応であり、耳の裏側から軟骨を摘出すると耳介萎縮を起こすことがあるため、経験豊富な医師は耳珠から軟骨を持ってくるのが普通」との回答が返ってきた。

納得のいかないジャオさんは、他の美容外科医に意見を求めたところ「鼻形成術には耳の形や機能にも影響を及ぼさない、耳介の裏側の軟骨を使うのが一般的だ」と教えてくれたそうだ。

ジャオさんは右耳の形状が変わってしまったことで恥ずかしさを感じるとともに、イヤホンが使えなくなってしまったとしてクリニック側に今回の手術にかかった5万元(約79万円)の全額返金とこれに伴う賠償金の支払い、そして再度耳を修復する手術を行うことを要求した。

だが同クリニックは「ジャオさんは治療について十分に理解した上で手術の同意書に署名している。また軟骨を摘出する箇所について耳介の裏側に限らず、耳全体を含む箇所から切除することを意味した内容の同意書となっている」と反論している。

現在、この件に関して双方の折り合いがつかないことから、警察が関与する事態が起きているとのことだ。

画像は『The Sun 2020年11月12日付「OH NOSE! Nose job patient shocked when surgeons cut off part of her ear - and now her headphones don’t fit」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ