デビュー40周年!河合奈保子が“よみがえる”「ザ・ベストテン」など“お宝映像”12月発売

 河合奈保子(57)のデビュー40周年を記念し、TBSでの歌唱映像を集めたDVDボックスが12月23日に発売されることになった。

 4枚組の「NAOKO ETERNAL SONGS」。1980~88年に放送された「ザ・ベストテン」「8時だョ!全員集合」「たのきん全力投球!」など、同局の番組の中から全27曲、放送113回分の歌唱映像が収録される。これまで「紅白歌合戦」「レッツゴーヤング」と、NHKでの河合の歌唱映像が商品化されたことはあったが、民放は初となった。

 「ザ・ベストテン」の初出演時も収録され、河合は愛媛・道後温泉からの中継で「ヤング・ボーイ」を歌唱。「奈保子コール」の中で歌う「スマイル・フォー・ミー」や、ピアノ弾き語りの「けんかはやめて」など見どころ満載だ。

 先月7日に亡くなった筒美京平さん作曲で、自身最大のヒット曲「エスカレーション」(作詞売野雅勇)は「8時だョ…」「ザ・ヒットステージ」などの3番組で歌っている。

 「西城秀樹の妹」のキャッチコピーで芸能界入りした河合はアイドル歌手としてデビュー。80年代後半からは自身で作曲やピアノ演奏を手掛けるなど、活動のスタイルを変えていった。当時の所属レコード会社で今作の販売元の日本コロムビアは「これら4枚のディスクでアイドルからアーティストへと変化していく軌跡をたどることができます」としている。価格は2万円(税抜き)で、特典で特製ブックレットが封入される。

 河合は96年に結婚し、翌97年に第1子を出産したのを機に芸能活動を休止。その後、表舞台には出ておらず、20年以上経った今でも根強いファンが多く、復帰を求める声が後を絶えない。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ