妻夫木聡、夫婦円満でいるためのアドバイス贈る「とにかくいっぱいお話をすること」

クランクイン!

 俳優の妻夫木聡がが20日、映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の初日舞台あいさつに出席。夫婦円満でいるためのアドバイスを求められ「いっぱいお話をすること」と答えた。

本作は2014年に公開された映画『STAND BY ME ドラえもん』の続編。原作の中でも名作として知られる「おばあちゃんのおもいで」をベースに、新たなオリジナルの要素を加えてストーリーを再構築し、前作同様3DCGアニメーションで描かれる。大人のび太の声を妻夫木が、のび太のおばあちゃんの声を宮本信子が務める。

イベントには妻夫木、宮本のほか、バカリズム、羽鳥慎一、八木竜一監督、山崎貴共同監督も登壇した。

妻夫木は脚本を読んだときに心を鷲掴みにされたと話し、出来上がった作品を観た感想を「宮本さんのおばあちゃんの声が最高ですね。おばあちゃんが出てくるだけで意味なく泣くっていう。“ドラ泣き”しまくりでした」と告白。宮本は「あんまり褒められると本当かしら?って…」と照れながら「本当?」と質問すると、キャスト陣はそろって「本当です」と頷いた。

映画の内容にちなみ、のび太としずかちゃんに向けて夫婦円満でいるためのアドバイスを求められると、妻夫木は「とにかくいっぱいお話をすることですかね。ちょっとの時間でもいいから」と回答。未来で結婚式を挙げるなら、どんな結婚式がいいかと聞かれると「どんなことも叶えてくれそうなので、絶対にできないようなことがやりたい。オーロラを見ながらとか」と笑顔で答えた。

未来デパートのセールスマン・ナカメグロ役を演じているバカリズムは「かれこれ10年くらいドラえもん好きをひたすらアピールしてきて、やっとドラえもんに関わることができました。非常に光栄です」とコメント。「僕の渾身のナカメグロを観てほしいですね。さっき裏でドラえもんにも褒めていただきまして」とアピールした。

最後に妻夫木は「今年はコロナで、とても僕たちは我慢しなければいけなかった年だと思うんですけれども、どこか心を癒やしてくれる作品になったと思います。来年、また新しい一歩を僕たちが踏み出すための勇気を与えてくれるんじゃないかなと思っています」と言葉に力を込めた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ