『#リモラブ』第6話のあらすじは? 松下洸平の優しい壁ドンは良すぎてズルすぎる!

#ドラマに恋して

※画像は『#リモラブ~普通の恋は邪道』公式instagram(@remolove_ntv)より

 

波瑠さん主演によるコロナ禍での恋愛を描くラブコメディ『#リモラブ』(日本テレビ系、毎週水曜よる10時)。その第6話が11月18日に放送されました。

 

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』ってどんなドラマ?

『#リモラブ~普通の恋は邪道~』は水橋文美江さん脚本によるラブコメディー。「コロナのある世界観を描いた」ドラマとして注目を集めています。

 

主人公は「鐘木パルプコーポレーション」で働く産業医・大桜美々(波瑠さん)。新型ウイルスの驚異の中で対応に追われる彼女は、厳しい管理体制と態度から健康管理室の独裁者と言われています。しかも男性を食べ物に例え見下す癖もあり、恋愛はおざなりに……。

それでもひとりの時間をそれなりに楽しんでいましたが、SNSで『檸檬』というアカウント名の顔も名前もわからない人物に恋! その人物とはなんと、同じ会社の人事部・青林風一(松下洸平さん)だった!? 果たして美々の恋はいかに……

美々と一緒に働く新人看護師・八木原大輝を髙橋優斗さん(HiHi Jets/ジャニーズJr.)のほか、人事部社員の朝鳴肇を及川光博さん、五文字順太郎を間宮祥太郎さん、営業部の社員の岬恒雄を渡辺大さん。女性陣では、青林の彼女の我孫子沙織を川栄李奈さん、パルプコーポレーションの嘱託医で精神科医の富近ゆりを江口のりこさんが演じます。

 

青林に自分が『草モチ』だということを言えずに思い悩む美々。しかし、ついに檸檬に自分のことを言う決意をします。そんな『#リモラブ~普通の恋は邪道~』第6話はどうなったのでしょうか、あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第6話のあらすじは?

青林風一(松下洸平さん)に「美々先生が草モチだったら良かったのに」と言われた大桜美々(波瑠さん)は、その夜『檸檬』に自分の正体を明かすメッセージを送る。

 

翌朝、報告を受けた健康管理室の新人看護師・八木原大輝(高橋優斗さん)は「やるじゃないですか!」と大喜び。しかし未だに返事が届いていないことに不安がつのる。いつもなら落ち込んでいるはずの美々が、この日は「青林は照れている」と勘違い。一方で青林は「美々先生が草モチかも……」と動揺していた。

 

そんな青林に美々は「私が草モチです」と自信満々に告白する。この事実に青林はパニックとなりバタバタとその場を去るが、それすらも「そんなに喜んでくれるなんて」と勘違いする美々。

 

就業後、五文字順太郎(間宮祥太朗さん)が気を利かせて青林をロビーで待たせていた。美々はてっきり告白されるものだと思っていたが、蓋を開ければ「僕の中に草モチさんはいるが、それは美々先生じゃない」とフラれていた。プライドの高い美々は「ただ素性を明かしただけ」と心にも無いことを言い残し帰っていく。そんな美々の姿に心を痛める青林であった。

 

翌日、健康管理室にベトナム人から電話が掛かってくる。英語も通じず困った美々は社内から応援を呼ぶ。そこに現れたのが何と青林。その後も青林はモンゴル語やヒンディー語などを話し、美々らを驚かせた。そして17時を回った時点でもなお青林が電話対応をしていると聞く。そんな青林の仕事終わりをそっと待つ美々。

 

美々は青林を食事に誘うと屋台のラーメン屋へ入った。初めは緊張気味の2人だったが、青林が美々のラーメンに爪楊枝をぶちまけてしまい笑いが起こり穏やかなムードに。

 

食事を終え、青林と別れた美々だったが、ある事に気がついて引き返す。そして青林を捕まえると、以前美々が「命よりも大事なものはありますか」と言った時の話を青林にきかせる。この時、青林が「あると思います」と言った時から青林のことが嫌いだったという美々。そのことに気付いた美々は「あなたの命よりも大事なものになりたい!好きです。付き合ってください」と告白する。

 

面と向かって言われた青林は再びパニック。そんな煮え切らない青林に「はっきり言ってよ」と詰め寄る美々。勢いに押された青林は思わず「好きです」と答える。そして急に男らしく「好きに決まってるじゃないですか」と告白するのだった。

 

“めんどくさい”2人の右往左往

「美々先生が草モチだったらよかったのに――」

『檸檬』の言葉を受け、ついにSNSで自分が『草モチ』だと明かした美々。すっかり浮かれモードでの美々ですが、実は青林からはまだ返信が来ていません。そんな美々を温かく見守る健康管理室の面々(というか檸檬と草モチの話が広がりすぎである……)。

美々は当然、これで『檸檬』と恋が成就したと思っていたわけですが、当の青林は大混乱中。

「草モチですって(急に)言われても」
「少し時間をください」

そうでした、青林は我孫子に告白されたときも1年以上返事待たせていたんでした……。

「カッコいいことを言ってあげられなくてごめんなさい」という青林に、美々は別にどうこうなりたいとか、そういうわけじゃありませんから、ときっぱりと言います。しかし当然のことながら、落ち込んでしまいます。

「1日に1回は思うことがあるんです。好きだなあ、って。檸檬さんのこと、今日も好きだ」

噛みしめるような好きの気持ちを抱いていた美々。こんなふうに終わってしまうのは悲しくて仕方がないですよね。

このタイミングで青林のカッコいいシーンが。なんと何ヶ国語も操る姿を目の当たりにします。でも、美々が心を動かされるのはそこじゃない。驚きはするけれど、何時間も熱心に人の話を聞いてあげるようなところが、心にグッと来てしまうんですよね。

しかし、要所要所で五文字くんがめちゃくちゃいいアシストをしているという……。

嫉妬するとか、そういうのじゃなくて、五文字くんはきっと美々のことも青林のことも大好きなんでしょうね。初回と全然印象が違うぞ、五文字。

 

 

そしてついに……仕事帰りに一緒に屋台のラーメンを食べに行く美々と青林。

そこから帰るまでのやりとりで美々は「命より大事なものが、あると思います」と青林に言われたことが心に残っていたことに気がつきます。

そして「あなたの命より大事なものになりたい。好きです」

なんてドストレートな美々の告白……!

そんな告白に混乱してグダグダ言葉を並べる青林を激しく逆壁ドン!
力強い美々に対して、青林は落ち着いた声で、

「好きに決まってるじゃないですか」

 

ン~~~~~~!!!!

逆壁ドンからの優しい壁ドン返し~~! そういうところだぞ松下滉平~~!

胸が温かくなり、ついつい顔が緩んでしまう告白シーン、最高でした……。濡れた髪を乾かされたい……。

 

どうやら、収まるところに収まったらしい2人。五文字とのデートのときは「疲れた」「早く帰りたい」って言っていたのに青林といるときの幸せそうな顔たるや……。

でも五文字にも幸せになってほしい、そしてひっそりいい感じになっている富近と朝鳴の関係も気になるところです!

 

※ちなみに青林の壁ドンは公式Twitterでも公開。あぁ~癒される!!

 

 

どうなる第7話!?

このいいところで!なんと来週はお休みです……!

美々と青林の関係はどのように進展していくのか、第7話を正座待機していましょう!

 

見逃し配信サービスも!

第6話を見逃したという方は、民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』および『日テレ無料TADA!』で期間限定で無料配信。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『日テレ無料TADA!』

『hulu』

 

過去放送分もチェック

『#リモラブ』第1話あらすじ

 

『#リモラブ』第2話あらすじ

 

『#リモラブ』第3話あらすじ

 

『#リモラブ』第4話あらすじ

 

『#リモラブ』第5話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ