iPhoneのウィジェットに「Gmail」がついに対応! 早速使ってみた


Googleは、「Gmail」「Google Drive」「Google Fit」がiPhoneのウィジェットに対応したと発表しました。

iPhoneユーザー兼Googleユーザーとしては、見逃せないニュースです。早速、iPhoneのホーム画面に設置してみました。

ウィジェットはダークモードにも対応

iphone
Screenshot: 島津健吾

すべてのウィジェットは、横長。通常サイズのアプリ8個分のスペースをとります。今のところ、これ以上にもこれ以下にもサイズの変更ができませんでした。
iphone
Screenshot: 島津健吾

iPhoneの設定をダークモードにしてみると、ウィジェットもダークに。ちょっと文字が読みづらい気もするけど、ここはお好みで!

次に、それぞれのアプリを詳しく見ていきましょう。

「Gmail」はメールの検索窓や新規作成に対応

IMG_6026D6AB3D6C-1
Screenshot: 島津健吾 via Gmail

まず、もっとも利用頻度の高い「Gmail」からご紹介。サインインしているGmailがウィジェットとして設置され、メールの検索、新規作成、未読数の確認が可能に。

アプリを開かなくても、より直感的にメールの確認や作成が可能になりました。私のように未読数が溜まっている人には、ある種のプレッシャーを与えてくれるかも?

ちなみにアカウントの切り替えも簡単。以下の手順で、10秒で切り替えできます。

1. iPhone または iPad で、Gmailアプリウィジェットを長押しします。

2. [編集] [アカウントの切り替え] をタップします。

3. 使用するアカウントを選択します。

引用:Google

「Google Drive」は、共有ファイルの表示と検索窓に対応

IMG_CE81E616B257-1
Screenshot: 島津健吾 via Google Drive

Google Drive」のウィジェットは、直近で使った2つのファイルが表示されました。また、検索窓もあるため、必要なファイルを瞬時に検索できます。Google Driveユーザーは、ウィジェットを設置して早速使ってみてください!

「Google Fit」は、歩数やハートポイントに対応

IMG_6026D6AB3D6C-12
Screenshot: 島津健吾 via Google Fit

iPhoneのヘルスケアアプリより先に、「Google Fit」がウィジェットに対応しました。

Googleで健康情報を収集している人にとっては、非常に使いやすいウィジェットのはず。歩数やハートポイント(強度の強い運動)の情報をリアルタイムで表示してくれますよ。

GoogleカレンダーやChromeも今後対応するよ

Calendar_bAeS6ts.max-1000x1000
Image: Google

嬉しいことに、GoogleカレンダーやChromeも今後対応する予定とのこと。Googleカレンダーは数週間以内に、Chromeは来年とのことです。

Googleカレンダーが対応したら、その日の予定をホーム画面で一覧できるので、これは期待したいところ。

まずは、GmailやGoogle Driveのウィジェットを使って、 Googleのウィジェットを楽しんでおきましょう。

あわせて読みたい

Image: App Store(1, 2, 3Google

Source: App Store(1, 2, 3Google

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ