こんなはずじゃ…彼を「嫉妬させるテク」で嫌われたエピソード4つ




好きな人には嫉妬してほしいけど、ヤキモチをやくのってエネルギーを使いますよね。あなたのことがいくら好きでも、嫉妬で苦しむと気持ちが遠のいていきます。
そこで今回は、彼を嫉妬させるために使ったテクニックで、嫌われてしまったエピソードをご紹介します。

他の男性とイチャイチャし過ぎた

「彼に嫉妬してほしくて、飲み会で他の男性とイチャイチャ。というか、ちょっと近い距離で話をしていたというか。彼がこっちをチラチラ見ていたので嫉妬かなと思ったら、『誰とでもあんなふうにくっつくんだ』と言われてフラれた」(30歳・女性)

▽ 他の男性と身体的な接触があるのは、彼としては当然嫌ですよね。最初は嫉妬だけだったはずが、度が過ぎてあきれられてしまったのかもしれません。

連絡を気まぐれで返していた

「小悪魔女子になったつもりで連絡を気まぐれで返していましたが、『何を考えているのかわからないし、好きって言われても何を信じればいいかわからない』と言われてしまいました」(28歳・女性)

▽ 連絡の頻度やタイミングが合わないと、相性があまりよくないのかもと判断する人はいますよね。心が読めないような返し方は相手を不安にさせるだけですし、気まぐれな返信は避けたほうがいいでしょう。

職場の男性の話をいつもしていた

「同棲中の彼に、職場の先輩男性の話をよくしていました。以前から『仲いいね』と言われていたので、ちょっとは嫉妬しているのかなと思っていましたが、だんだんリアクションが薄くなり、『もうその話いいから』と言われてケンカに」(31歳・女性)

▽ ひたすら知らない男性の話を楽しそうにされると、イライラしてしまうのは当然です。「もうその男と付き合えば?」くらいに思われていたのかも……。長々と話してしまうのは厳禁ですね。

元彼との思い出話をしていた



「元彼と行ったデートスポットがテレビに出ていて、『ここ、元彼と行ったよ』という思い出話をしたんです。最初は『はいはい』と聞き流していたけど、そのうち怒ってしまい、『そうやって嫉妬させようとするのが無理』と言われた」(32歳・女性)

▽ 元彼との思い出話をワクワクしながら聞ける男性は、きっといません。「ここ、行ったことがある」というだけで済む話にも関わらず、そこから元彼の話を持ち出すとわざとらしく感じる人もいるので、注意が必要ですね。

まとめ

相手が嫉妬してくれることで愛情を感じるというのはわかりますし、愛情を確認するために嫉妬させたいというのもわかりますが、嫉妬させることは単純に苦しい思いをさせるということ。度が過ぎると負担になってしまうので、ほどほどに……!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ