菅田将暉が源義経に! 大河『鎌倉殿の13人』出演に歓喜&驚きの声続々

クランクイン!

 俳優の小栗旬が主演する2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式ツイッターが20日に動画を投稿。源義経役で菅田将暉が出演することを発表すると、ネット上には「すごい、すごい配役だ」「すごく面白くなりそう」などの声が集まっている。

『鎌倉殿の13人』は、三谷幸喜が脚本を務める第61作目の大河ドラマ。平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時(小栗)の半生を描いていく。

11月16日から5日連続で公式ツイッター上でキャストの発表が行われており、これまで小泉孝太郎や山本耕史、中川大志、金子大地らの出演が発表されていた。

キャスト発表の最終日となった20日の正午に公開された動画では、これまでと同様スーツ姿の三谷が登場。「天才軍略家・源義経…」と役名を告げると、たっぷりと間をとって「…菅田将暉!」と発表。

この動画にファンからは「ええええ!!うれしい」「すごい、すごい配役だ」「感動と興奮で言葉にならない」といった歓喜のリプライが殺到。さらに2022年の放送に向けて「これは適役です。すごく面白くなりそう」「やば、楽しみでしかない」「一年通して幸せな年になりそうです」などの期待のコメントも相次いだ。

そのほか、20日は小林隆、大泉洋、歌舞伎俳優の中村獅童、女優の宮沢りえの出演も発表されている。

引用:大河ドラマ『鎌倉殿の13人』公式ツイッター(@nhk_kamakura13)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ