え、これって私だけ!? 女子を苦しめる「恋愛の癖」エピソード




「なくて七癖」という言葉があるように、誰しも「自分が普通」だと思っていても癖があるものです。恋愛においてもそれは同じ。自分では普通の恋愛をしていると思っていても、周囲からはちょっと不思議がられる、なんてこともあるのでは?
そこで今回は、女子を苦しめることも多い、「恋愛の癖」について聞いてみました。

好きな人の前でかわい子ぶれない

「なぜか好きな人の前でだけ、かわい子ぶれない。悪ふざけしていたり、あえてギャグに走ったりしてしまう。私をよく知る女友達からは、『アンタ、好きな人の前にいるときが一番かわいくない。残念女子』とあきれられてしまうほど。
別に興味のない男友達の前では、あえてかわい子ぶることもできるのに」(28歳/金融)

▽ 本命の前だと恥ずかしくなってしまうのでしょうか。逆に、本命の人の前では急におとなしくなったり、恥ずかしくてしゃべれなくなったりしてしまう人もいますが、かわいく振舞えないのはちょっと残念ですよね。

好きになられると興味がなくなる

「片思いの時期が一番好きで、相手がこちらを好きになってくれたらありがたいと思う反面、急に興味がなくなってしまう。好きになってくれるのはうれしいけれど、片思いの時期に感じていた情熱のようなものがなくなってしまって……」(29歳/アプリ開発)

▽ 好きになられると急に興味がなくなるという人もいますよね。そういう人はたしかにハンター気質なのでしょう。獲物を捕らえるまでが楽しくて、捕らえたら気持ちは次の獲物に移ってしまっているのかもしれませんね。

付き合っても淡泊で…

「よく付き合ったカレに『淡泊すぎる』と別れを告げられる。『ヤキモチもやかないし、束縛もしない。会いたいともいわないし連絡もしてこないけど、本当にオレのこと好きなの?』と聞かれたり……。
こちらとしては、『あなたを信頼しているからこそ連絡をしない』というつもりなんだけど」(27歳/看護師)

▽ 相手を信頼しているから束縛をしない、というのももちろんありますが、カレとしては不満だったようですね。本人としては愛情表現をしているつもりらしいのですが、いつも交際相手には納得してもらえないようです。

無駄にカッコいい女を演じてしまう



「女友達の前では自然体でいられるのに、男性の前ではあえてかわいい女じゃなくてカッコいい女を演じてしまう。小さい頃から母親に『男に負けるな』といわれて生きてきた影響もあるみたいで、仕事でも力仕事でも何でも自分でやってしまう」(29歳/金融)

▽ これは、お母さんの言葉が強く影響しているケースかもしれません。ある意味プレッシャーを抱えているのでしょう。おかげで年下には結構モテるのだとか。でも彼女の好みは年上の男性とのこと。恋愛ってうまくいかないですね。

まとめ

いかがでしたか。もしかしたら共感する人もいたかもしれません。恋愛すると、人っていつも通りに振舞えなくなってしまいますよね。そういうところが人間らしさなのでしょうが、ちょっと不思議がられる恋愛の癖は、本人を苦しめることもあります。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ