M1搭載MacでのWindowsアプリ動作、CrossOverにて成功

maxresdefault
Image: Jeremy Newman/YouTube

サックサクですやん。

Apple SiliconことM1搭載Macで唯一心配されている、エミュレーションによるWindowsの動作。一方、CrossOverというアプリではM1搭載MacでのWindowsアプリの動作に成功しています。



上の動画は、M1チップを搭載したMacBook AirにてTeam Fortress 2を動作させている様子です。ラグもなく、サクサクと動いていることがわかりますね。

CrossOverというアプリは、WindowsのAPIをMac環境に翻訳することで、Windowsアプリを動作させる仕組みとなっています。Windowsそのものをエミュレーションしているわけではないのがポイントです。

なお現在、CrossOverはApple Siliconにネイティブ対応しておらず、Rosetta 2でのエミュレーション動作となっています。今後はApple Silicon搭載Macでも、Windowsアプリを動作させる手段が増えることを期待したいですね。

Source: MacRumors

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ