上白石萌歌がリモート演劇に初挑戦 劇団ノーミーツとコラボした「リモートフィルムコンテスト」PR動画が公開

SPICE



東宝株式会社とALPHABOAT合同会社による、才能あるクリエイターを発掘するオーディション・プロジェクト『GEMSTONE』。第6弾企画としてフルリモート劇団 「劇団ノーミーツ」とコラボレーションし「リモートフィルム」作品を募集しているが、このたび、審査員として参加する上白石萌歌と劇団ノーミーツがコラボし制作されたコンテストPR動画が、劇団ノーミーツのTwitterアカウントにて公開された。

動画はリモートにて制作されたもので、上白石がとある取材を受けている様子を切り取った短編作品。上白石は今回リモート演劇に初挑戦。「ノーミーツさんが好きだったので共演できたことが嬉しかったですし、ワンカットなので、ライブ感があるという意味では、まるで舞台上でお芝居をしているようでした」とコメントしている。
PR動画場面写真
PR動画場面写真

コンテスト審査員は、上白石萌歌、劇団ノーミーツのほか、映画監督・藤井道人(『新聞記者』(2019)など)、ROBOTの古屋厚プロデューサー(『太陽は動かない』(2021年春公開予定)、『OVER DRIVE』(2018)など)、東宝の上野裕平プロデューサー(『映像研には手を出すな!』(2020)など)。グランプリ受賞者にはオリジナル脚本によるリモートフィルム作品の制作を東宝のプロデューサーとともに行うことが決定している。コンテストの提出締め切りは11月30日(月)23:59まで延長している。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ