スイス時計ブランド「Louis Erard」より、ニューモデル「Triptych」が登場

IGNITE


エレガントながら、新しさが目を引くデザインの腕時計が「Louis Erard(ルイ エラール)」から新登場。



Louis Erard(ルイ エラール)は、ブランドの代表的な「Excellenceシリーズ」に、新しい3つの時計を11月20日(金)より順次発売する。

これらの時計は、キリスト教の祭壇を飾る為に描かれた3枚1組の絵画を意味するTriptych(トリプティック)と名づけられている。

■アフォーダブルな機械式時計、Triptych

Triptychは、Louis Erardの拠点であるジュウ渓谷からインスパイアされたディティールを纏い、ブランドのアッパーラインに相応しい上質感あふれるアイテムだ。

Louis Erardは時計製造の発生の地であるジュウ渓谷の伝統を尊重し、時代を超越したエレガンスを兼ね備えそれでいてアフォーダブルな機械式時計を作り続けていくだろう。



・LE34237AA01BVA31
価格:¥198,000
ムーブメント:SW261-1(自動巻き スモールセコンド)
発売時期:2020年11月下旬



・LE85237AA21BVA31
価格:¥341,000
ムーブメント:SW266-1(自動巻き レギュレーター)
発売時期:2020年11月下旬



・LE74239AA01BVA31
価格:¥478,500
ムーブメント:SW500MPCa(自動巻き モノプッシャークロノグラフ)
発売時期:2020年12月



※価格は全て税込価格

■拘りのディテール
マットシルバーのダイアルは’50年代のシンプルでエレガントな雰囲気を持ち、モミの木をイメージした針や文字盤上の装飾は独創的。

また、リューズも針と同様に、Louis Erardの工房のあるジュウ渓谷のモミの木をモチーフにしている。



そして、新たにデザインされたケースは古い懐中時計のように丸みを帯び、ラウンド形状のサファイアガラスがモダンさを演出。ケースバックからは、Louis Erardの新しいロゴがエングレーブされたローターや装飾されたムーブメントをガラス越しに見ることが出来る。





ストラップは、手触りのよいカーフヌバックを使用。また別売の4色のカラーストラップでイメージを変えることも可能だ。

オンオフいつでも使えるデザインが嬉しい。

URL:https://www.josawa-watch.com/louis_erard.html

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ