【TikTok週間楽曲ランキング】フレデリック「オドループ」ダンス再注目で初首位 THE BINARY「命が泣いていたんだ」自己最高4位に

Billboard JAPAN



ショートムービー・プラットフォーム“TikTok”における再生回数や影響力などを総合的に判断して生成された国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”。2020年11月9日~11月15日を集計期間とした今回は、フレデリック「オドループ」が初の首位を獲得した。

「オドループ」は、フレデリックが2014年9月にリリースしたミニアルバム『oddloop』の収録曲。当時ミュージック・ビデオのダンスが話題となったが、TikTokでもそのダンスが人気を集め始め、ミームしたことで再びバイラルヒット。前週5位でトップ20デビューしており、当週さらに順位を上げた形だ。



続く2位には、BTS「Dynamite」がエントリー。連続首位記録が3週でストップしたLiSA「炎」が3位に続いた。10月19日~10月25日集計週で13位に入り、トップ20デビューを果たしたTHE BINARY「命が泣いていたんだ」は、その後5位、7位と推移したが、当週は4位をマーク、自己最高位を更新した。YOASOBIのAyaseが作詞作曲を手掛けた同曲は、TikTokで「〇〇のやり方」をテーマとした動画がミーム化している。



前週16位でトップ20デビューしたThe Black Eyed Peas「Where Is The Love?」は、さらに順位を上げてして8位に。「○○の時の自分」といったテーマで、楽曲に合わせダンスする遊びがミーム化している。また、同じく前週トップ20デビューしたRizky Ayuba「You Know I'll Go Get」も、7ランクアップして11位に。こちらは“#スーパー笑顔補正”というハッシュタグ・チャレンジのBGMとして親しまれている。



当週トップ20デビューしたのは、14位のKALMA「わがまま」、16位の平井大「Stand by me, Stand by you.」、17位の優里「ドライフラワー」、19位の嵐「Party Starters」の計4曲。中でも「わがまま」「Stand by me, Stand by you.」の2曲は、vlog系の動画で多く使われ、何気ない日常のBGMとして支持を集めている。



◎トップ20
1位「オドループ」フレデリック
2位「Dynamite」BTS
3位「炎」LiSA
4位「命が泣いていたんだ」THE BINARY
5位「第六感」Reol
6位「Boom, Boom, Boom, Boom!!」Vengaboys
7位「クラシックメドレー2019」Pianica Magician
8位「Where Is The Love?」The Black Eyed Peas
9位「My Resort」¥ellow Bucks
10位「CHILDAYS」BLOOM VASE
11位「You Know I'll Go Get」Rizky Ayuba
12位「「ぴえん」のうた」針スピ子
13位「Banana (feat. Shaggy)」Conkarah
14位「わがまま」KALMA
15位「I CAN'T STOP ME」TWICE
16位「Stand by me, Stand by you.」平井大
17位「ドライフラワー」優里
18位「New Thang」Redfoo
19位「Party Starters」嵐
20位「Make you happy」NiziU

集計期間:2020年11月9日~11月15日

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ