ウィリアム王子、英BBCのダイアナ妃インタビューで新たな調査開始を歓迎「正しい方向への第一歩に」

英BBCが1995年に放送したドキュメンタリー番組『パノラマ』でのダイアナ妃へのインタビューに関する新たな調査が開始することになり、ウィリアム王子が声明を発表した。王子は世界中に衝撃を与えた亡き母親へのインタビューに対する新たな調査を歓迎し、「正しい方向への一歩」として悪名高きインタビューの真実が明らかになることを望むと述べた。『Mirror Online』『Daily Mail Online』などが伝えている。

このほどウィリアム王子が声明文を発表し、1995年に英BBCのドキュメンタリー番組『パノラマ』が放送したダイアナ妃へのインタビューに関する新たな調査を歓迎する旨を伝えた。

ジャーナリストのマーティン・バシール氏によるダイアナ妃へのインタビューは当時2300万人近くが視聴、妃の爆弾発言が世間に大きな衝撃を与えた。妃は「この結婚には3人が絡んでいる」と明かし、チャールズ皇太子カミラ夫人が愛人関係にあることを示唆した。さらに自身がジェームズ・ヒューイット陸軍騎馬隊将校と不倫関係にあることを認め、チャールズ皇太子の国王としての適性に疑問を持っていたことも明かした。

『The Sunday Times』は現地時間10月4日、バシール氏が偽造した銀行取引明細書を使い、ダイアナ妃に取材を受け入れさせた疑いがあることを報じた。バシール氏はダイアナ妃の弟チャールズ・スペンサー氏に偽造した銀行取引明細書を見せ、「ダイアナ妃の側近に妃の情報を金銭と引き換えにマスコミにリークしている者がいる。これが証拠だ」と近づいたという。それを真に受けたスペンサー氏がバシール氏をダイアナ妃に引きあわせ、妃が取材に応じることになったというものだ。

この報道後、スペンサー氏はBBC局長ティム・デイヴィー氏宛てに書簡を送り、BBCを「扇情的なジャーナリズム」と激しく批判、新たな調査を開始することを求めた。

のちにBBCは、独立した調査の指揮者として控訴院民事部を統括する元記録長官ダイソン卿を任命した。放送局とバシール氏がインタビューにこぎつけるまでの足取りを発見する調査はすぐにでも開始されるという。

ケンジントン宮殿が発表した声明では、ウィリアム王子が独立した調査についてこのように述べている。

「独立した調査は正しい方向へと進む第一歩です。パノラマインタビューに至った行動の背後にある真実と、当時のBBC関係者が下した決断を明らかにすることの手助けとなるのです。」

今回の調査では、BBCとバシール氏が取った措置が適切であったか否か、これらの措置がダイアナ妃がインタビューに応じる決断にどの程度影響を与えたのかを検討する。さらに偽造銀行取引明細書について、BBCが同様な知識を持っていたのかも調査するという。

インタビューを確保するために偽の銀行取引明細書を作らされたグラフィックデザイナーは、インタビューで「BBCによって他人の罪をかぶらされた」と明かし、BBCに謝罪を求めている。

バシール氏は現在BBCで宗教部門の編集を担当しているが、心臓手術と新型コロナウイルス合併症からの回復中のため休職しており、コメントを控えている。

ウィリアム王子の声明が発表されたのは、王子がNetflixのドラマ『ザ・クラウン』の最新シリーズに登場する両親の描写に不快感を抱いているとの報道が広がる真っ只中だった。

画像1、3枚目は『Duke and Duchess of Cambridge 2020年11月10日付Instagram「More than 11,000 members of British Armed Forces personnel are currently deployed on operations around the world in order to protect communities across the globe and promote the interests of the UK abroad.」』『Martin Bashir 2018年8月15日付Twitter「Boarding Shepherd One, the Papal plane, from Rome to Dublin @Pontifex @BBCNews」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ