ドコモ、動画共有アプリ「MARKERS」を12月22日に終了


NTTドコモは11月20日、動画共有アプリ「MARKERS」のサービス終了を発表した。終了日は2020年12月22日。

「MARKERS」は、5G通信向けにスポーツの練習や試合、家族イベントなどで撮影した個人向けの動画を、仲間や家族などグループで共有できる無料サービス。2020年1月に提供を開始しており、約1年間でのサービス終了となる。

終了の理由は「現在の事業環境に鑑み、経営資源を集中」するためという。アプリの配信は2020年12月18日12時に、サービス自体は2020年12月22日12時に終了。サービス終了後はアップロード済みの動画が閲覧できなくなるため、同社は事前に動画をダウンロードするよう勧めている。

動画のダウンロードは、「MARKERS」アプリの「ホーム」から、各動画の右上にある「保存」をタップし、「マイコレクション」から該当の動画を選択。その後、画面右上のメニュー(三点マーク)から、「端末にダウンロード」をタップする。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ