40代以上の男性から届く“脈なし”に見えても「実は脈あり」なLINEの特徴

OTONA SALONE



既読スルーや未読スルー、テンションの低い返信などなど、一般的に「脈なし」と言われているLINEであっても、40代以上の恋愛に限って言えば、まだまだ諦めるのは早いかもしれません。40代ともなると、恋愛そのものへの熱量が20-30代に比べて下がっている男性も多く、一般的に言われている「脈なしLINE」が届いていても、実はちまたで言われているほどの脈なしではなかった……という実例も多いのです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの私、並木まきが、脈なしLINEっぽく見えても実は「脈あり」な40代以上の男性が送るLINEの特徴をお話します。

1:返信に時間がかかるが必ず届く




「脈なしLINE」の特徴に必ずと言っていいほど上がるのが、返信のタイミングが遅いLINEです。女性がLINEをしてから、丸1日あるいは3日、1週間などかなりの時間をあけて返事が届くときには「これはさすがに、脈なしだろう」と感じる女性が多いでしょう。

一般論としては、まさにその通りなのですが、実は40代以上の男性に限って言えば、「LINEを早く返すこと」を女性が思うほどに重視していない男性も多く、即レスではないからと言って、必ずしも脈なしとは言い切れないのです。たまたま仕事が多忙を極めている、恋愛経験が浅い、恋愛意欲はあるが過去の恋愛や結婚での傷が癒えていない……など、何らかの事情を抱えている男性ほど、返信への時間を要しがちなのも確か。

こういったタイプの脈は、返信のスピードよりも返信の有無そのものにあらわれることも多く、返信に時間を要したとしても、必ず返信が届く場合には、それがその男性なりの「脈あり」サインであるケースも決して珍しくありません。

2:ノリが悪いが会話が続く




ノリが悪い返信しかこないLINEも、一般的には「脈なしLINE」に分類されます。興味のない相手とのLINEや、早く会話を終わらせたいときなどには、自然とテンションの低い返信を送る男性は確かに多いです。

しかしこちらも、40代以上のLINEとなると必ずしもそうであるとは言い切れない傾向も。若いころと異なり、恋愛そのものへの熱量が下がっていたり「この歳になって、チャラい男だと思われたくない」と大人の男を無理に演じようとする男性だったりすると、そんな背景が、ノリの悪い返信としてあらわれることも少なくないのです。

イマイチ会話の盛り上がりに欠けるように思えても、直接的にLINEを終わらせたいそぶりはなく、淡々とでも会話が続いているならば、脈なしどころか、むしろドクドクとした脈が流れている可能性も高いと言えるでしょう。

一見すると脈なしに思えるLINEでも、そこに、静かだけれど確かな脈が走っているLINEも数多く存在します。ちょっと言い方は雑ですが、40代以上で独身男性として恋愛市場にいる人は、20代や30代の男性たちへの一般論が当てはまらない、良くも悪くも“ツワモノ”揃いなわけですから、LINEの脈判定ですら一筋縄にはいかないことも多いのです。

「こんなLINEが届くなら、脈なし確定だわ」と諦める前に、ぜひもう一度、その人とのやりとりを冷静に見返してみて。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ